スポンサーリンク

「雛のつるし飾りまつり」の歴史とマイカーアクセスガイド

雛のつるし飾りまつり 伊豆半島
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、全国各地からセレクトした「クルマ旅にお勧めしたい100の旅先」の中のひとつです。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
テーマはディスカヴァー・ジャパン 「日本クルマ旅先100選」
クルマ旅専門家・稲垣朝則がセレクトした、国内で車中泊クルマ旅にお勧めの「ベスト100エリア」をご紹介。

名物は「つるし雛」と「雛の階段飾り」

雛のつるし飾りまつり

稲取温泉で毎年1月下旬~3月末に開催される「雛のつるし飾りまつり」は、「河津桜まつり」と肩を並べる伊豆半島の名物イベントだ。

期間中は、「いち早く春を感じたい人たち」が全国各地からやってくる。

文化公園 雛の館

メイン会場の「文化公園 雛の館」には、ご覧のような圧倒される数の「つるし雛」が様々なかたちで展示されており、退場者のため息を誘う。

その数は約100対(約11,000個)。無粋な男の筆者ですら感動するのだから、女性は「言わずもがな」だろう(笑)。

雛のつるし飾りの歴史

雛のつるし飾り

もともと「雛のつるし飾り」は、娘の健やかな成長や良縁を願い、雛まつりに母親や祖母が、「つるし飾り」を手作りして飾るという江戸時代からの風習であった。

「花」「桃」「うさぎ」「きんちゃく」「とうがらし」など、人形の一つひとつに意味があり、その数は30種類以上あるという。

例えば「桃」は、厄払いや多産、長寿延命。「とうがらし」は娘に悪い虫(悪い男性)が付かないようにとの願いらしい(笑)。

一度は廃れかけたそうだが、「雛の会」の努力と地元の人々の協力によって復活。1998年以降、毎年「雛のつるし飾りまつり」を開催してきたというから、今年で20年を迎えることになる。

この祭りについては、既に多くのウェブサイトで、女性や母親の目線から紹介されているので、あえて筆者が多くを語る必要はあるまい。

雛のつるし飾りまつり オフィシャルサイト

マイカーアクセスガイド

文化公園の駐車場

メイン会場の文化公園の駐車場は、祭りの期間中イベントスペースとして使用されるため、まず駐車できないと思ったほうがいい。

文化公園の駐車場

使えるのはわずか3台分のスペースだけ。

雛のつるし飾り 駐車場

代わりに前の坂を下った海岸前に、この臨時無料駐車場が用意されている。

トイレがないので車中泊はできないが、ここでする必要性もないだろう。

稲取文化公園 雛の館

静岡県賀茂郡東伊豆町稲取1729
☎0557-95-2901(稲取温泉旅館協同組合)

※稲取温泉旅館協同組合と、文化公園「雛の館」は近所だが場所は違う。確実に到着するには住所でナビを設定しよう。

「徒歩でも使える」グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
河津桜まつり合わせて行きたい「河津桜まつり」。
車中泊で行く「河津桜まつり」
クルマ旅のプロが、車中泊で行く河津桜まつりについて詳しくご紹介します。
稲取の「文化公園 雛の館」からJR河津駅までは約7キロ、クルマで10分ほどしかかからない。また河津桜を愛でるだけなら2時間ほどで事足りる。
バスコンからハイエース・軽キャンパーまで勢揃い! 楽天のユーズド・キャンピングカー大特集! 
タイトルとURLをコピーしました