車中泊で行く「河津桜まつり」2022年更新【クルマ旅のプロが執筆!】

河津桜まつり 観光
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、全国各地からセレクトした「クルマ旅にお勧めしたい100の旅先」の中のひとつです。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
テーマはディスカヴァー・ジャパン 「日本クルマ旅先100選」
クルマ旅専門家・稲垣朝則がセレクトした、国内で車中泊クルマ旅にお勧めの「ベスト100エリア」をご紹介。
スポンサード・リンク

出かける前に知っておきたい、「河津桜まつり」を車中泊で楽しむための必須情報

河津桜まつり

車中泊で行く、河津桜まつり【目次】

「河津桜まつり」の概要と混雑するワケ

渋滞を回避する最善策

「花見」と「お祭り」を分けて考えるほうがいい

車中泊1泊2日で満喫する「河津桜まつり」モデルプラン

スポンサード・リンク

「河津桜まつり」の概要と混雑するワケ

河津桜まつり

「河津桜まつり」は、期間中に150~200万人の花見客が訪れるという、伊豆最大の観客動員イベントで、毎年2月上旬〜3月上旬にかけて河津町で開催される。

河津川堤の桜が近い将来、見られなくなる?

河津桜

「河津桜まつり」は、河津川沿いに植えられた桜並木を愛でながら、一足早い春を感じることに風情を感じてきたのだが、その桜並木にいま寿命が迫ろうとしている。

河津桜の樹齢は60~70年と云われているが、河津川堤の木は植樹から50余年を経ており、木の衰えが顕著になりつつある。

だが、現在の河川法のままでは、規制で木の植え替えが許可されない。

県と町は並木を市街地まで延ばすことで対応策を検討をしているというが、前述のとおり、川沿いにあっての「河津桜まつり」だけに、今後経済効果と治水のバランスをどう取っていくかに注目が集まっている。

ということは… この問題に明るい方向性が見えないかぎり、来年以降はさらに「見納め」を望む観光客が押し寄せる可能性が高くなる。

そこで考えたいのが、混雑回避と無理・無駄のない観光法だ。その点で車中泊が有効なのは間違いない。

渋滞を回避する最善策

伊東マリンタウン-車中泊

週末に出かけるなら、関東方面からは、せめて夜のうちに温泉が併設する「道の駅マリンタウン伊東」までは来ておきたい。

いっぽう東海方面からは、「道の駅 天城越え」がターゲットになる。

伊豆半島の中央を貫いている国道414号沿いには、2019年12月に「道の駅 伊豆月ヶ瀬」が新しく開業しているが、ここは駐車場が著しく傾斜しており、車中泊には適していない。

ただし、これらの「前泊地」から翌朝6時には河津に向けて出発しないと、桜まつりの駐車場手前で渋滞に捕まる。

早起きが難しければ、前夜のうちにあと1時間頑張って走り、会場まで到着してしまうほうがいい。

河津桜まつり 駐車場

なお、平日はそこまで頑張らなくても、「河津桜観光会館」周辺の駐車場にクルマを停めることができる。

平日でも会場には人が多いのだが、どうやら大半はバスツアー客のようだ。

スポンサード・リンク

「花見」と「お祭り」は、分けて考えるほうがいい

河津桜まつり

さて、本題はここから。

筆者の作戦は、「花見」と「お祭り」を分けて考えることにある。

そもそも、河津桜とは…

カワヅザクラ

「河津桜」のルーツは、カンヒザクラとオオシマザクラの自然交配と考えられており、ソメイヨシノに比べると少し大きめで、濃いピンク色をしているのが特徴だ。

河津桜の原木

その歴史は1955年(昭和30年)頃、河津町田中の飯田氏が偶然見つけた苗を植えたのが始まりとされている。

河津桜 原木

原木が河津で見つかったことから、1974年(昭和49年)に「カワヅザクラ(河津桜)」と命名され、1975年(昭和50年)には河津町の木に指定された。

西伊豆

実は現在、「河津桜」の植樹は伊豆半島全域に広がっており、花を見るだけなら河津町まではるばる足を運ぶ必要はない。

むしろ西伊豆や稲取、あるいは修善寺などのほうが、写真としては面白いカットが撮れる

下賀茂温泉 カワヅザクラ

お馴染みのこの風景も、南伊豆の下賀茂温泉に行けば見ることができる。

カワヅザクラ トンネル

つまり「花見」の観点からすると、河津町でしか見られないのは、原木とこの桜のトンネルくらいだ。

河津桜まつり

それらを考慮して、作成した「河津桜まつり」のお勧め散策ルートがこちら。

2時間もあれば見て歩ける内容なので、到着したらさっそく「花見」にでかけよう。

正直云って今の「河津桜まつり」は、「花見」よりも「お祭り」を楽しみに行くところだと思う。

河津桜まつり 屋台

たとえば「河津桜まつり」は、たこ焼きやりんご飴のような定番のテキ屋が並ぶのではなく、ちょっと他では見ない「大人向け」の地元グルメを扱う屋台が多い。

河津桜まつり 屋台

また最近は地元以外の名物グルメの店も多く出店しており、屋台の食べ歩きは河津桜まつりの「新しい顔」になりつつある

「河津桜まつり」 オフィシャルサイト

スポンサード・リンク

車中泊1泊2日で満喫する「河津桜まつり」モデルプラン

夜桜 河津

最後は「車中泊で行く、河津桜まつり」の、1泊2日にわたるリアルなモデルプランを紹介しよう。

1.前泊

前述したように、翌朝には桜まつりの会場に到着できる場所まで来ておくほうが余裕が持てる。

2.午前中

空いているうちに、下の記事を参考に河津川堤の見どころをまわる。

3.午後

桜まつり会場で昼食を済ませたら、クルマで「河津七滝駐車場」に移動し、滝めぐりを楽しむ。

4.夕方

クルマで近くの「湯ヶ野温泉」に移動し、川端康成ゆかりの温泉宿「福田家」で汗を流す。ただし入浴時間は16時まで。

5.夜

再び「河津七滝駐車場」に戻って車中泊。

なお周辺に食堂はあるが、どこも17時頃に閉店となるようだ。そのため夕食は、温泉入湯後に河津市内で買い出すか、レストランなどで済ませてくるといい。

河津七滝温泉の食事処 一覧

6.翌日

下田

南下するなら下田がおもしろい。

逆に北上するなら、稲取に立ち寄ってみていただきたい。

稲取

スポンサード・リンク

河津桜まつり 車中泊旅行ガイド

河津桜まつり
車中泊で行く、河津桜まつり
河津桜まつりに車中泊で行くために必要な情報をまとめたトップページです。
河津桜まつりマップ
河津桜まつりの「くたびれない」ベスト散策ルート
中高年にお勧めの、河津桜まつりのベスト散策ルートをご紹介。
河津桜まつり 駐車場
河津桜まつりの駐車場と、その車中泊事情 2022年2月更新
河津桜まつりの駐車場と、車中泊事情に関する記述です。
河津桜まつり会場界隈のお勧め温泉&観光スポット
河津桜まつり会場界隈のお勧め温泉&観光スポット
取材してきた「河津桜まつり」会場界隈のお勧め観光スポットの一覧です。

東伊豆 車中泊旅行ガイド

車中泊で行く東伊豆

伊東温泉
東伊豆の観光&車中泊事情<東伊豆トップページ>
東伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
真鶴道路
「真鶴ブルーライン」は、東伊豆きってのオーシャン・ドライブルート
車中泊で行く「真鶴」の2つの楽しみ方をご紹介。
車中泊で行く、熱海の楽しみ方
中高年の車中泊旅行者が熱海を楽しむための情報です。
伊東温泉
伊東温泉の概要と車中泊事情
東伊豆にある伊東温泉の概要と車中泊事情です。
大室山
大室山(さくらの里)は、東伊豆屈指の富士山眺望スポット
東伊豆の富士山絶景スポット「大室山」に関する記述です。
城ヶ崎海岸
城ヶ崎海岸は、大室山とセットで行きたい東伊豆の断崖絶壁
大室山の噴火で生まれた東伊豆の海の名所「城ヶ崎海岸」の紹介です。
河津桜まつり
車中泊で行く「河津桜まつり」
車中泊で行く河津桜まつりに関する詳細ガイドです。
稲取
伊豆稲取の春の風物詩 「つるし雛」と「雛の階段飾り」
河津桜まつりとセットで行きたい稲取の雛まつりをご紹介。
「東伊豆」関連記事 一覧
「東伊豆」関連記事 一覧
これまでに取材してきた東伊豆に関連する記事の一覧です。

伊豆半島 車中泊旅行ガイド

車中泊で行く伊豆半島

伊豆半島
伊豆半島 車中泊旅行ガイド<トップページ>
伊豆半島全域の観光&車中泊情報のトップページです。
伊東温泉
東伊豆の観光&車中泊事情
東伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
西伊豆
西伊豆の観光&車中泊事情
西伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
独鈷そば大戸
中伊豆の観光&車中泊事情
中伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
石廊崎
南伊豆の観光&車中泊事情
南伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
伊豆半島の車中泊スポット 一覧
伊豆半島の車中泊スポット 一覧
これまで取材してきた伊豆半島の車中泊スポットの一覧です。
伊豆半島 関連記事一覧
伊豆半島 関連記事一覧
これまでに取材してきた伊豆半島に関連する、すべての記事の一覧です。

この記事がよく読まれています。

車中泊クルマ旅は、日本の新しい「旅のカタチ」
自由奔放。行きたいところに、行きたい時に、居たいだけ。そんな車中泊でクルマ旅の紹介です。
「ワンランク上の車中泊」お勧めグッズ&アイデア集
「ワンランク上の車中泊」 グッズ・バイヤーズガイド 流通企業で10年間のバイヤー経験を持つ筆者が、実際に使用している車中泊グッズを、実践しているアイデアを含めて具体的にご紹介しています。 スポンサード・リンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).p...
車中泊旅行者が道の駅で捨てるゴミは、「家庭ゴミ」ではなく「旅行ゴミ」
クルマ旅のプロがまとめた、家庭ゴミと道の駅のゴミ箱設置の有無に関する記載です。
RENOGY(レノジー)リチウムイオン サブバッテリーの取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先
車中泊で使用するサブバッテリーに、リチウムイオン・バッテリーを載せ替え、また新規搭載する際の留意点をご紹介。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
クルマ旅のプロが解説する、アネックス社のハイエース・キャンピングカーWizの詳しい実使用レポートです。
スポンサード・リンク
タイトルとURLをコピーしました