「真鶴ブルーライン」は、東伊豆きってのオーシャン・ドライブルート

真鶴道路 絶景スポット
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、全国各地からセレクトした「クルマ旅にお勧めしたい100の旅先」の紹介です。
テーマはディスカヴァー・ジャパン 「日本クルマ旅先100選」
クルマ旅専門家・稲垣朝則がセレクトした、国内で車中泊クルマ旅にお勧めの「ベスト100エリア」をご紹介。
スポンサード・リンク

真鶴の楽しみ方は、「オーシャン・ドライブ」と「岩礁散策」の2つに分かれる。

真鶴ブルーライン

真鶴半島【目次】

真鶴半島のロケーション

真鶴道路(真鶴ブルーライン)

神奈川県立真鶴半島自然公園

真鶴岬 アクセスマップ

スポンサード・リンク

真鶴半島のロケーション

東伊豆

小田原から約17キロ・25分のところに位置する「真鶴」は、湘南方面から伊豆半島を南下する際に通る最初の観光スポットだ。

だが、その楽しみ方をうまく伝えている観光ガイドが、なかなか見当たらないというより皆無に等しい(笑)。

おかげで筆者は「真鶴」を理解するのにずいぶん時間を要したのだが、その最大の理由は、「相容れない2つの楽しみ方があるから」ということに行き着いた。

真鶴道路

端的に云うと、ひとつは「真鶴ブルーライン(真鶴道路)」のドライブで、車窓から相模湾の風光明媚な景観を愛でる。

出典:神奈川県道路公社

ただし、「真鶴道路」はそのまま走ると「真鶴半島」をトンネルでスルーしてしまう。

真鶴道路

そのため半島の先端に行くなら、「真鶴トンネル」手前の「岩インター」で降り、県道739号に乗り換える必要がある。

このことを知らないと、もうひとつの楽しみを味わえないまま熱海に着く。

真鶴岬

もうひとつの楽しみとは、真鶴半島の先端にある岬を目指し、そこから徒歩で「三ッ石」と呼ばれる名勝を見に行くこと。

公共交通機関によるアクセスが不便なせいか、「るるぶ」にも載せてもらえない「真鶴岬」だが(笑)、一帯は筆者が生まれる以前の1954年に県立の自然公園に認定された、古くからの景勝地である。

ということで、ここからはその2つの楽しみについて詳しく紹介していこう。

スポンサード・リンク

真鶴ブルーライン(真鶴道路)

真鶴道路

「真鶴ブルーライン(真鶴道路)」は、神奈川県南部の湯河原町から真鶴町を結ぶ有料道路のことで、全線が国道135号に指定されている。

正式名は「真鶴道路」で「真鶴ブルーライン」は愛称だが、一般的にはイメージが湧く愛称のほうが浸透しているようだ。

「真鶴道路」には、ガイドブックで「絶景」という表現がよく使われている。

真鶴道路

景観がいいのは上のマップのB区間で、小田原方面から熱海に向かう際には、ビーチに次々と波が打ち寄せる光景を見ることができる。

しかし小田原行きの車線が邪魔で、その光景を写真に収めるのは不可能に近い。

この写真は熱海から小田原に向かう時に見える景色で、こちらからはビーチは見えず、代わりに「真鶴道路」がよく見える。

ということを念頭に置いていただき…

このハイウェイについては、筆者がクドクド説明するより、まさに”一目瞭然”といえる、神奈川県道路公社が作成した素晴らしい映像があるので、それをご覧いただくのが一番いい(笑)。

マイカーで伊豆半島にアクセスする車中泊の旅人には、真鶴ではこちらを優先されることをお勧めする。

ちなみに「真鶴道路」の通行料金は普通車で200円。通行区間にかかわらず一律となっている。

そりゃ、走らな損ですな(笑)。

なお「真鶴道路」は、首都圏と伊豆半島東岸を結ぶメインルートになっているため、ゴールデンウィークや夏休みの週末は、午前の下り線および午後の上り線が、激しい渋滞になることは目に見えている。

その時期に通るなら早朝を狙うのが賢明だが、2021年9月時点の湘南には、手頃な車中泊スポットがないのがつらい。

西湘PA

本来なら有料道路の「西湘バイパス」上にある「西湘PA・下り線」がお勧めだが、2019年10月に台風19号で被災して以降、未だに復旧されていない。

写真は被災前のもので、筆者は実際にここで泊まって、翌朝「真鶴ブルーライン」をドライブしている。

ただ2021年にようやく復旧工事が始まり、完全リニューアル工事の終了予定は2022年5月になっているので、それまでの辛抱だ。

また茅ヶ崎にも道の駅開設の計画があるので、数年後には環境がずいぶん変わっていることだろう。

神奈川県立真鶴半島自然公園

真鶴岬

相模湾に突き出した真鶴岬は、樹齢350年以上とも云われるクロマツやシイ、クス等の巨木が生い茂る、豊かな森と海に恵まれた自然公園で、遊歩道が整備され、名勝「三ッ石」がある海岸まで徒歩で降りて行くことができる。

三ッ石

カフェがある展望台付近から見た「三ッ石」。

真鶴岬

こちらは覚悟を決めて長い階段を下り、海岸まで出て撮った写真。

真鶴岬

この風景は「かながわ景勝50選」に選ばれており、いい具合に干潮時に当たれば、「三ッ石」まで辿り着ける。

ケープ真鶴

遊歩道の手前には、2020年にリニューアルされたばかりの、貝の博物館を兼ねるレストハウス「ケープ真鶴」がある。

ケープ真鶴 オフィシャルサイト

真鶴岬は釣りのスポットとしても有名で、車中泊もできるようだが、リニューアル後に「ケープ真鶴」前の駐車場は、24時間1000円の有料となった。

ここは1時間でも1000円取られるので、散策するだけなら「ケープ真鶴」に着く手前にある、無料の「お林駐車場」を利用するほうがいいだろう。

真鶴岬 アクセスマップ

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。

東伊豆 車中泊旅行ガイド

車中泊で行く東伊豆

伊東温泉
東伊豆の観光&車中泊事情<東伊豆トップページ>
東伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
真鶴道路
「真鶴ブルーライン」は、東伊豆きってのオーシャン・ドライブルート
車中泊で行く「真鶴」の2つの楽しみ方をご紹介。
車中泊で行く、熱海の楽しみ方
中高年の車中泊旅行者が熱海を楽しむための情報です。
伊東温泉
伊東温泉の概要と車中泊事情
東伊豆にある伊東温泉の概要と車中泊事情です。
大室山
大室山(さくらの里)は、東伊豆屈指の富士山眺望スポット
東伊豆の富士山絶景スポット「大室山」に関する記述です。
城ヶ崎海岸
城ヶ崎海岸は、大室山とセットで行きたい東伊豆の断崖絶壁
大室山の噴火で生まれた東伊豆の海の名所「城ヶ崎海岸」の紹介です。
河津桜まつり
車中泊で行く「河津桜まつり」
車中泊で行く河津桜まつりに関する詳細ガイドです。
稲取
伊豆稲取の春の風物詩 「つるし雛」と「雛の階段飾り」
河津桜まつりとセットで行きたい稲取の雛まつりをご紹介。
「東伊豆」関連記事 一覧
「東伊豆」関連記事 一覧
これまでに取材してきた東伊豆に関連する記事の一覧です。

伊豆半島 車中泊旅行ガイド

車中泊で行く伊豆半島

伊豆半島
伊豆半島 車中泊旅行ガイド<トップページ>
伊豆半島全域の観光&車中泊情報のトップページです。
伊東温泉
東伊豆の観光&車中泊事情
東伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
西伊豆
西伊豆の観光&車中泊事情
西伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
独鈷そば大戸
中伊豆の観光&車中泊事情
中伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
石廊崎
南伊豆の観光&車中泊事情
南伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
伊豆半島の車中泊スポット 一覧
伊豆半島の車中泊スポット 一覧
これまで取材してきた伊豆半島の車中泊スポットの一覧です。
伊豆半島 関連記事一覧
伊豆半島 関連記事一覧
これまでに取材してきた伊豆半島に関連する、すべての記事の一覧です。

この記事がよく読まれています。

車中泊クルマ旅は、日本の新しい「旅のカタチ」
自由奔放。行きたいところに、行きたい時に、居たいだけ。そんな車中泊でクルマ旅の紹介です。
「ワンランク上の車中泊」お勧めグッズ&アイデア集
「ワンランク上の車中泊」 グッズ・バイヤーズガイド 流通企業で10年間のバイヤー経験を持つ筆者が、実際に使用している車中泊グッズを、実践しているアイデアを含めて具体的にご紹介しています。 スポンサード・リンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).p...
車中泊旅行者が道の駅で捨てるゴミは、「家庭ゴミ」ではなく「旅行ゴミ」
クルマ旅のプロがまとめた、家庭ゴミと道の駅のゴミ箱設置の有無に関する記載です。
RENOGY(レノジー)リチウムイオン サブバッテリーの取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先
車中泊で使用するサブバッテリーに、リチウムイオン・バッテリーを載せ替え、また新規搭載する際の留意点をご紹介。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
クルマ旅のプロが解説する、アネックス社のハイエース・キャンピングカーWizの詳しい実使用レポートです。
スポンサード・リンク
タイトルとURLをコピーしました