熱海・伊豆山温泉の泉源「走り湯」の由緒と、日帰りで入湯できる施設

走り湯 秘湯・名湯
「クルマ旅のプロ」がお届けする車中泊温泉旅行ガイド
「クルマ旅専門家」・稲垣朝則が、10年以上かけてめぐってきた全国の温泉地を、「車中泊旅行者の目線」から再評価。車中泊事情や温泉情緒、さらに観光・グルメにいたる「各温泉地の魅力」を、主観を交えてご紹介します。
失敗しないための、車中泊温泉旅行ガイド
クルマ旅のプロがまとめた、北海道から九州まで車中泊で出かけたい全国の温泉地ガイドの決定版。
スポンサード・リンク

「走り湯」は観るだけでなく、入湯できる施設がある。

出典:静岡新聞

伊豆山温泉の泉源「走り湯」【目次】

「走り湯」とは

「走り湯」の駐車場とマイカーアクセス

「走り湯」に入湯できる温泉施設

スポンサード・リンク

「走り湯」とは

出典:静岡観光

「走り湯」は、洞窟のように横穴式に掘られた、熱海の山手にある「伊豆山温泉」の泉源で、ここでの入湯はできないが、お湯がボコボコと吹き出す井戸の見学は無料でできる。

テキストと写真だけでは、ピンと来ないと思うので、「伊豆温泉ジオパーク」が制作した動画で中の様子を紹介しよう。

さすがはプロが撮影しているだけあって画質はクリアだ。

だが実際の洞窟の中はサウナのように暑く、特に冬は蒸気でカメラのレンズはもとより、メガネやスマートフォンまで曇ってしまうので注意しよう。

今度は「走り湯」の由緒について。

まずは名前だが、かつてはここから70℃近い源泉が、毎分900リットルも噴き出し、それが海岸に向かって、まるで走るがごとく流れ落ちていったことから、「走り湯」と呼ばれるようになったそうだ。

ただ乱掘により、現在は毎分180リットルにまで湧出量が低下しているという。

ネットで検索すれば分かるが、「走り湯」は多くの資料に「道後温泉」「有馬温泉」と並ぶ「日本三大古泉」のひとつと紹介されている。

崎の湯

だが熱海以外で「日本三大古泉」といえば、「道後温泉」「有馬温泉」の次は「走り湯」ではなく、和歌山の「白浜温泉」になるようだ。

確かに「白浜温泉」には、日本最古の露天風呂と伝わる「崎の湯」があり、平安時代には熊野詣の折に、上皇が沐浴したという記録も残る。

どっちでもかまわないのだが(笑)、そもそも「熱海温泉」ではなく「走り湯」というのが怪しく、それなら残りの2つも「道後温泉本館」と「崎の湯」になるはずだから、この話は「海中から湧き出た熱湯を村人が見つけた」という熱海開湯の伝承と同じく、「かけ流し」でいい(笑)。

ただ「走り湯」には、奈良時代の720年に、吉野の行者「役小角(えんのおづぬ)」によって発見されたという伝承があるくらいなので、当時から伊豆山神社の神湯として信仰され、源頼朝や徳川家康らの武将が、その霊験あらたかなお湯で身体を清めたという話には信憑性を感じる。

「走り湯」の駐車場とマイカーアクセス

「走り湯」の洞窟と足湯のまわりには、専用の駐車場も民営の駐車場もない。そのため、観光客は「走り湯」の看板のある道に路場駐車をしているようだ。

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
スポンサード・リンク

「走り湯」に入湯できる温泉施設 3軒まとめ

さて。最後にその「走り湯」に日帰りで入湯できる施設をご紹介。

温泉ホテルでは、

ハートピア熱海
☎0557-80-4050
おとな920円
10時30分〜16時(受付最終15時)

リーズナブルで穴場的な存在なのは、

伊豆山研修センター
☎0557-80-5018
おとな500円
10時~16時(最終受付15時)・毎週月曜・木曜定休

一番安く利用できるのは

伊豆山浜浴場
☎0557-80-0210
おとな350円
14時30分〜21時30分・木曜定休
駐車場あり

ただし伊豆山地区は、2021年(令和3年)7月に発生した土石流で被災しており、「伊豆山浜浴場」は源泉が土砂に埋まってしまったため、温泉のくみ上げが出来ず休業中で、9月現在も復旧の目途は立っていない。

行かれる前には、こちらのサイトで復旧状況を確認するか、電話で状況を確認するほうがいい。

東伊豆 車中泊旅行ガイド

車中泊で行く東伊豆

伊東温泉
東伊豆の観光&車中泊事情<東伊豆トップページ>
東伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
真鶴道路
「真鶴ブルーライン」は、東伊豆きってのオーシャン・ドライブルート
車中泊で行く「真鶴」の2つの楽しみ方をご紹介。
車中泊で行く、熱海の楽しみ方
中高年の車中泊旅行者が熱海を楽しむための情報です。
伊東温泉
伊東温泉の概要と車中泊事情
東伊豆にある伊東温泉の概要と車中泊事情です。
大室山
大室山(さくらの里)は、東伊豆屈指の富士山眺望スポット
東伊豆の富士山絶景スポット「大室山」に関する記述です。
城ヶ崎海岸
城ヶ崎海岸は、大室山とセットで行きたい東伊豆の断崖絶壁
大室山の噴火で生まれた東伊豆の海の名所「城ヶ崎海岸」の紹介です。
河津桜まつり
車中泊で行く「河津桜まつり」
車中泊で行く河津桜まつりに関する詳細ガイドです。
稲取
伊豆稲取の春の風物詩 「つるし雛」と「雛の階段飾り」
河津桜まつりとセットで行きたい稲取の雛まつりをご紹介。
「東伊豆」関連記事 一覧
「東伊豆」関連記事 一覧
これまでに取材してきた東伊豆に関連する記事の一覧です。

伊豆半島 車中泊旅行ガイド

車中泊で行く伊豆半島

伊豆半島
伊豆半島 車中泊旅行ガイド<トップページ>
伊豆半島全域の観光&車中泊情報のトップページです。
伊東温泉
東伊豆の観光&車中泊事情
東伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
西伊豆
西伊豆の観光&車中泊事情
西伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
独鈷そば大戸
中伊豆の観光&車中泊事情
中伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
石廊崎
南伊豆の観光&車中泊事情
南伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
伊豆半島の車中泊スポット 一覧
伊豆半島の車中泊スポット 一覧
これまで取材してきた伊豆半島の車中泊スポットの一覧です。
伊豆半島 関連記事一覧
伊豆半島 関連記事一覧
これまでに取材してきた伊豆半島に関連する、すべての記事の一覧です。

この記事がよく読まれています。

車中泊クルマ旅は、日本の新しい「旅のカタチ」
自由奔放。行きたいところに、行きたい時に、居たいだけ。そんな車中泊でクルマ旅の紹介です。
「ワンランク上の車中泊」お勧めグッズ&アイデア集
「ワンランク上の車中泊」 グッズ・バイヤーズガイド 流通企業で10年間のバイヤー経験を持つ筆者が、実際に使用している車中泊グッズを、実践しているアイデアを含めて具体的にご紹介しています。 スポンサード・リンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).p...
車中泊旅行者が道の駅で捨てるゴミは、「家庭ゴミ」ではなく「旅行ゴミ」
クルマ旅のプロがまとめた、家庭ゴミと道の駅のゴミ箱設置の有無に関する記載です。
RENOGY(レノジー)リチウムイオン サブバッテリーの取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先
車中泊で使用するサブバッテリーに、リチウムイオン・バッテリーを載せ替え、また新規搭載する際の留意点をご紹介。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
クルマ旅のプロが解説する、アネックス社のハイエース・キャンピングカーWizの詳しい実使用レポートです。
スポンサード・リンク
タイトルとURLをコピーしました