スポンサーリンク

車中泊旅行者が一番安心して泊まれる施設は、サービスエリア

足利サービスエリア マイカー車中泊入門
「クルマ旅のプロ」がお届けする、車中泊旅行の入門ガイド
この記事は、車中泊とクルマ旅関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、これから車中泊旅行を始めたい人に向けてのアドバイスを記したものです。
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィール
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィールと沿革です。

道の駅よりも優れている点が多い。

一応最初に書いておくが… 

サービスエリアを運営するNEXCOは、2009年に導入された「1000円高速」こと「休日特別割引」による利用者の増大以降、サービスエリアでの車中泊については「推奨しない」というスタンスを未だ崩してはいない。

サービスエリア

そのため車中泊には、長距離輸送トラックの運転手と同様、移動の途中で日が暮れ、睡魔や疲労感に襲われた場合の「休憩」というスタンスが求められる。

もっとも… そのあたりは「建前」であって、本気でお客を減らそうとは思ってはいない(笑)。

天神屋

筆者がサービスエリアでの車中泊が一番安全と評価するのは、オートキャンプ場や道の駅に比べて、圧倒的に設備が整っており、いざという時に必要な環境がほぼ揃っているからにほかならない。

土山SA

万が一、大雪や豪雨で高速道路が通行止めになったとしても、トイレとレストラン・売店はもちろん、中にはシャワーステーションやドッグラン、そしてスマートインターのあるところがある。

また最悪でも、従業員の出入口から救助を受けることが可能だ。

サービスエリア 車中泊

さらに「防犯」面においても、サービスエリアは道の駅より安心できる点が数多くある。何より24時間営業しているので、人の出入りが多く、駐車場は明るいうえに視界が開けているため、犯罪には適さない環境だ。

多少騒々しいという点を除けば、老若男女いずれの車中泊旅行者にとっても、お勧めの車中泊場所であることに異論はなかろう。

マイカー車中泊 入門ガイド

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました