これが正しい車中泊の定義

車中泊

車中泊とは、「車内で調理済み食品を食べて、眠るまで」の行為

現状を考えると、道の駅を筆頭に、サービスエリア・パーキングエリア・公衆トイレとともに24時間利用できる有料、無料駐車場、さらにはオートキャンプ場・RVパークに至る、すべての場所での車中泊の定義は、「車内で調理済み食品を食べて、眠るまで」とするのが妥当だ。

長距離トラック

なぜなら、それは車中泊がブームになる遥か以前から、愛妻弁当を食べて頑張る長距離輸送トラックの運転手達が行ってきた行為であり、既に市民権を得ているからである。

裏返せば、だから道の駅やNEXCOは容認している。

それまで否定すれば、トラック業界が黙っていない。平たく云えば、車中泊の旅人が道路利用者のための休憩施設とうまく付き合うには、「同じ一線」を超えなければいいわけだ。

ただし夜間のアイドリングは別問題。それは「冷凍車」のように、常時電力を必要とする車両においてのみ例外とされる話で、それ以外は「マナー違反」の何者でもない。

いっぽう、車外での調理や団欒は「キャンプ」の一環で、車中泊とは一線を画する行為になる。

つまりオートキャンプ場では、それが車中泊とともに許されていると考えるほうが、理解しやすいかもしれない。

オートキャンプ禁止

こう整理すると、車中泊はOKだが「オートキャンプ」は禁止というルールが成り立つことがよく分かる。

道の駅は、その典型的な施設だ。

道の駅

「道路利用者のための休憩施設」でもある道の駅は、新鮮な産直野菜を買いに来る近所の住民以外に、長距離輸送トラックや、帰省途中の家族、あるいはクルマ旅で移動中に日が暮れ、安全運転のために翌朝明るくなるまで休憩が必要となったドライバーも利用する。

車中泊禁止の道の駅

ゆえに、独断でこのようなことが許されるわけがない。

ちなみにこの非常識な看板を掲げているのは、「道の駅神戸フルーツ・フラワーパーク大沢」。

「車中泊禁止」がこんなに容易にできるなら、とっくの昔に多くのサービスエリアと道の駅で実施されている(笑)。

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました