スポンサーリンク

春夏秋冬 上高地のベストシーズンはいつ?

ネイチャーフィールド
正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊ならではの旅」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

ベストシーズンは、ニリンソウの咲く5月下旬

これまで春夏秋冬、時期を違えて何度も上高地に足を運んできたが、そのベストシーズンを問われれば、初夏にあたる5月下旬と答えたい。
その理由は、写真のニリンソウが満開を迎え、上高地全体が一気に華やいでくるからだ。
ニリンソウ
山の木々の下に群生する山野草で、「二輪草」の名の通り、1本の茎から2輪ずつ花が咲く。上高地では春を代表する植物のひとつとされており、小梨平から徳沢にかけての林に群生し、開花時は白い絨毯を敷いたような光景が見られる。
なお稀に見つかる緑の花は、幸運を招くと云われている。

この時期をベストに挙げるもうひとつの理由は、山の残雪。北アルプスは雪があってこそ絵になると思う。

なお夏至に近く、まだ入梅していない5月下旬は、日本のアウトドアのベストシーズンでもある。筆者はこの時、小梨平にテントを張った。
上高地の極上キャンプサイト 森のリゾート小梨(小梨平キャンプ場)
上高地にある森のリゾート小梨(小梨平キャンプ場)の詳しいキャンプレポートです。

さて。せっかくなので、上高地の四季を簡単に説明しておこう。

春 

上高地の春は、例年開山式が行われる4月27日から始まるが、この時期の景色はまだ冬に近い。

また年によっては探勝路に雪が残っていることもあり、ぬかるみも多い。

ただ若葉がまだ茂っていないので、コマドリのような珍しい小鳥に出会える確率は高い。

登山シーズンがピークを迎える。

しかもそれと夏休みが重なるため、バスターミナルは大混雑。

この時期はできるだけ人と時間をずらして行動することが何より大事だ。

北アルプスといえども8月だけは山頂から雪が消える。標高が1500メートル近いため、真夏でも爽やかだが、写真撮影にはあまり適さないかもしれない。

上高地の秋は、紅葉というより黄葉。

「燃える秋」が見られるのは、河童橋よりずっと下流のウェストン・レリーフのあるあたりで、小梨平に近づくほど黄色い葉が多くなる。

この時期のお勧めは大正池の朝靄。

水温と気温の差が大きくなる晩秋の朝は、こういうウソのような景色に出会える日もある。

なお上高地の紅葉といえば、標高2400メートル地点にある「涸沢」が有名だが、上高地バスターミナルからは、15キロ近く歩かなければ辿り着けない。
紅葉の涸沢トレッキング レポート
上高地から紅葉の涸沢トレッキングにでかけた時のレポートです。

釜トンネルから歩いて来たものだけに、見ることが許される光景。

タイトルとURLをコピーしました