上高地 マイカーアクセスガイド

ネイチャーフィールド
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊ならではの旅」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

上高地って、どこにあるの?

この話は経験者には愚問に思えるかもしれないが、これから初めて訪ねようという人にすれば、至極当たり前の疑問だと思う。

なぜなら、上高地は国道158号から遠く離れた山間部にあるため、マイカーの車窓からその様子を見ることはできない。

周辺をドライブしただけでは、正確な場所が分からないのはそのためだ。

上高地は、通年マイカー乗り入れ禁止

県道上高地公園線では、通年のマイカー規制が行われており、写真の「釜トンネル」から先にマイカーを乗り入れることはできない。

周辺観光地との位置関係

上高地は岐阜県の奥飛騨温泉郷・平湯温泉から写真の安房峠を超えたスグのところにある。

所在地は長野県松本市だが、県境は安房峠の途中にあるため、距離的には松本市街地より高山市の平湯温泉のほうがかなり近い。

ただし安房峠はこんな道(笑)。

有料ではあるが、今は一直線に走り抜けることができる安房トンネルがあるので、ケチらず楽チンなそちらを走ろう。

今度は長野県側。

国道158号の「釜トンネル」と沢渡の中間あたりに、乗鞍高原に通じる「乗鞍スーパー林道」の交差点があり、林道の途中には有名な「白骨温泉」がある。
白骨温泉公共野天風呂は、風情あふれる深山の湯
上高地と乗鞍高原から近い、白骨温泉公共野天風呂と温泉宿の日帰り入浴に関する情報です。

乗鞍高原にはスキー場と硫黄泉の温泉郷があるが、マイカーで進めるのはその先の三本滝駐車場まで。

この「エコーライン」と同じ終着点の「畳平」に、岐阜県側の「ほおのき平」から登る道が、有名な「乗鞍スカイライン」だ。
しかし、いずれも上高地と同じく通年マイカー規制が行われているため、終点の「畳平」までマイカーで行くことはできない。

乗鞍高原からさらに足を伸ばせば、安曇野や松本も加わってくる。

いずれにしても上高地は、休日数に応じて単独で楽しんだり、周辺の観光地と抱き合わせて訪ねることもできる汎用性の高い観光地だ。

天気に恵まれない時は、温泉や史跡を訪ねて見るのもいいだろう。

ディスカバー「上高地」
ディスカバー「上高地」
上高地の本当の魅力を、20年以上現地に通い続けるクルマ旅のプロがご紹介。
上高地 マイカーアクセスガイド
上高地 マイカーアクセスガイド
上高地の正確な位置と、マイカーアクセス、周辺観光情報を簡潔にまとめてあります。
初めての上高地 Q&A 
初めての上高地 Q&A 
初めて上高地に行かれる方に向けてのアドバイスと、よくある質問をまとめてあります。
春夏秋冬 上高地のベストシーズンはいつ?
春夏秋冬 上高地のベストシーズンはいつ?
上高地のベストシーズンと云われる初夏を含め、四季の様子をたくさんの画像ともにご紹介。
上高地のハイキングコースは2本ある。
上高地のハイキングコースは2本ある。
グリーンシーズンに上高地をハイキングする際のベストプランをご紹介します。
上高地の極上キャンプサイト 森のリゾート小梨(小梨平キャンプ場)
上高地の極上キャンプサイト 森のリゾート小梨(小梨平キャンプ場)
上高地にある森のリゾート小梨(小梨平キャンプ場)の詳しいキャンプレポートです。
上高地 キャンプ&トレッキングガイド
上高地 キャンプ&トレッキングガイド
上高地から標高2400メートル地点にある涸沢までのトレッキングガイドです。
オートパッカーの原点は、上高地トレッキング
オートパッカーの原点は、上高地トレッキング
筆者と上高地の出会いから、10度以上に及ぶ上高地散策の軌跡を掲載しています。
紅葉の涸沢トレッキング レポート
紅葉の涸沢トレッキング レポート
上高地から紅葉の涸沢トレッキングにでかけた時のレポートです。
上高地スノーウォーキング 入門編
上高地スノーウォーキング 入門編
上高地スノーウォーキングをこれから始めたい人に向けての情報です。
タイトルとURLをコピーしました