スポンサーリンク

クルマで旅する、乗鞍高原&乗鞍岳

ネイチャーフィールド
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊ならではの旅」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

乗鞍岳と乗鞍高原は、楽しみ方が違う「別世界」。

「乗鞍スカイライン」「乗鞍エコーライン」「乗鞍スーパー林道」「乗鞍岳」「乗鞍高原」… 

さて貴方は「乗鞍」と聞いて、いったい何を連想するだろうか?

正直云って、「乗鞍の概要」をきちんと理解するのは面倒だ。

しかし貴重な休日を有効に使うには、この作業を避けては通れない。ゆえにできるだけ簡単かつロジカルに解説しよう。

最初に理解すべきは、「乗鞍」の観光スポットは、大きく「乗鞍山頂エリア」と「乗鞍高原エリア」に別れており、それぞれに異なる楽しみ方があるというだ。

それには地理を把握する必要がある。

乗鞍岳の最高峰「剣ヶ峰」への登山とともに、夏は雲海・雷鳥・コマクサ、秋は10月初旬に紅葉が見られる「乗鞍山頂エリア」は、岐阜県と長野県のちょうど県境に位置している。

その観光ベース基地になっているのが、シャトルバスが発着する「乗鞍畳平」で、そこへは岐阜県側から「乗鞍スカイライン」、長野県側からは「乗鞍エコーライン」の2本のルートでアクセスできる。
ただし2本の道は「通年マイカー規制」が施行されており、それぞれ指定の駐車場からシャトルバスに乗り換えなければならない。
「乗鞍スカイライン」と「乗鞍エコーライン」、どっちがお勧め?
ともに乗鞍岳の畳平に向かう、乗鞍スカイラインと乗鞍エコーラインの違いに関する記述です。

乗鞍岳とは…

深田久弥の「日本百名山」に名を連ねる乗鞍岳は、北アルプス(飛騨山脈)の南端に位置し、標高3026メートルの剣ヶ峰を最高峰に、23の峰と7つの湖、さらに8つの平原から構成される。

つまり同じ「岳」でも、槍ヶ岳のような「単独峰の頂き」を指すものではなく、「乗鞍山頂エリア」と表現するほうが、はるかに実態に則している。

出典:乗鞍岳畳平バスターミナル

乗鞍岳の楽しみ方

ややもすると、乗鞍岳の登頂こそが目的のように思われがちだが、実際の楽しみ方はそれだけじゃない。
夏の乗鞍岳の楽しみ方
夏の乗鞍岳でみられる高山植物・ライチョウそして景色の紹介を含めたトレッキングのガイドです。

乗鞍高原とは…

乗鞍岳の東面・長野県側に広がる高原エリアで、標高1600メートル付近に「のりくら温泉郷」がある。

豊富な自然を生かした観光産業が盛んで、夏は避暑、夏から秋にかけては登山、冬はスキーを目的とする観光客が多く訪れる。

そのため、ペンション・民宿・旅館・国民宿舎などを合わせると、実に100軒以上の宿泊施設があり、レストラン・そば店・お土産屋なども多い。

乗鞍高原の楽しみ方

にっぽんクルマ旅 信州 (旅行ガイド)
昭文社 旅行ガイドブック 編集部
¥ 1,490(2019/07/26 08:55時点)
タイトルとURLをコピーしました