スポンサーリンク

綱でも持てる「五箇山とうふ」と、その老舗「喜平商店」

名物・特産品・地酒ほか
正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊ならではの旅」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
https://kurumatabi.net/2019/05/19/inagaki_book/

特徴は何と云っても、その硬さ!

岐阜県の白川郷とともに、合掌造りの世界文化遺産に登録されている、富山県の五箇山に伝わる伝統食と、それを今に伝える老舗を紹介しよう。

「五箇山とうふ」は、ご覧のように縄で持ち上げても崩れないことから、テレビでも何度か取り上げられており、既にご存知の方が多いかもしれない。

合掌造りといえば、岐阜県側の白川郷が昔から圧倒的に有名だ。

アルペンルートや富山湾という人気観光地を有する富山県にすれば、五箇山は実に地味なる存在で、白川郷と同じような伝統を残しながらも、宣伝不足がたたり、観客動員数では大きな後れをとっていた。

だが世界遺産への登録が決まると、そのままというわけにもいかなくなった…

そこでPRできるものを探していた地元の商工会は、郷里の伝統食と呼べる「この固い豆腐」に着目した。幸いなことに五箇山には、昔のままの製法を営む店が残っていた。

実は、この「喜平商店の豆腐」に「五箇山」を冠を載せてPRしたのが、「五箇山とうふ」と呼ばれるようになった所以らしい。

「喜平商店」では、澄んだ水と厳選された地場の大豆にこだわり、3代にわたって受け継がれてきた「五箇山とうふ」が手に入る。誰にでもわかる大豆本来の濃厚な味わいを、ぜひ一度味わってみていただきたい。

なお、現在は「演出」として縄でしばってくれるのだが、ポリ容器やビニール袋のない時代には、実際にこうやって持ち運びをしたという。 

ただし冷奴で食べるのは、味見程度にとどめておくほうが無難だ。

硬さといい、大きさといい、一丁全部を生で食べるのは苦しい。そのうえ、もそもそとした食感は豆腐というよりオカラに近いだけに、なおさらだ(笑)。 

しかし…不思議なことに焼くと、柔らかくなり旨みも増す。

筆者は田楽味噌で食べたのだが、これはもしかすると一番美味い食べ方かもしれない。地元では、他にも湯どうふ、揚げだし、生揚げ、あるいはコトコトと煮しめにして食べる風習があるという。

ちなみに、喜平商店の五箇山とうふは「道の駅 上平」の売店でも手に入る。

本店とは違って、パック入りで少し小ぶりのサイズになっており、夫婦で食べるならこちらの方がお勧めだ。
道の駅 上平・ささら館 車中泊好適度チェック!
クルマ旅のプロがまとめた、「道の駅 上平・ささら館」の車中泊に関する記述です。

五箇山とうふ工房「喜平商店」
〒939-1914富山県南砺市上梨608
☎0763-66-2234
営業時間:7:00~19:00

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
タイトルとURLをコピーしました