スポンサーリンク

車中泊で行く「白川郷と五箇山」 観光と車中泊スポット選びの秘訣

世界遺産
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊ならではの旅」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

見どころは大きく分けると2つ。

まず最初に、「世界遺産・白川郷」の正式名称をご存知だろうか? 正解は「白川郷・五箇山の合掌造り集落」だ。

つまりこの世界遺産には、日本が誇る伝統建築の「合掌造り」と、それが集まった暮らしの場である「集落」の2つの見どころが秘められている。

五箇山・相倉集落

ちなみに「合掌造り集落」は、数ある中から「特色のある3つの集落」が選ばれたわけではなく、「合掌造りが保護・保存されてきたのが3つの集落だけしかなかった」というのが実態で、極論すればどこもさして変わらない。

つまり時間がなければ、3つの集落をめぐるより、1ヶ所に集中したほうがいいということ。

そうなると、やはりイチオシは規模が大きく、観光要素も揃った白川郷になるだろう。

ちなみに白川郷で、「合掌造り」を見学して、展望台から全景を眺めたとしても、所要時間は3時間ほど。

それに食事時間を加味しても4時間あれば満足に至ると思う。五箇山に至っては、3時間でも十分だろう。

初めてなら、高山観光とのセットがお勧め。

以上の内容から、筆者が「初めて白川郷を訪れる人」にお勧めするのは、「高山観光」との抱合せだ。高山は小さな町で、やはり半日あれば楽しめる。

高山市内から白川郷までは約50キロ。高速道路を利用すれば、1時間まではかからない。食事処も白川郷より揃っているので、高山で早めの昼食にするほうがいいだろう。

モデルスケジュール
09時~11時 高山観光
11時~13時 ランチ&移動
13時~16時 白川郷観光
16時~18時 夕食または買い出し&入浴
18時~   道の駅白川郷 車中泊

ライトアップは「完全予約制」。
しっかりした事前情報収集なしでは見られない。

誰もが一度はその目で見てみたいと思う景観が、この白川郷のライトアップだと思うが、地元ではあまりの混雑に耐えかね、2019年からマイカー旅行者にも「完全予約制」になっている。

その予約方法に装備を含めて、このイベントに行くには、少なくても一度は白川郷に行ったことがあることと、入念な事前の情報収集が必要だろう。
とことん詳しい!マイカー&車中泊で行く「白川郷ライトアップ」 2020年版パーフェクトガイド
マイカー&車中泊で行く「白川郷ライトアップ」の見どころと駐車場事情に関する記述です。

風景写真が好きな人には、五箇山もお勧め

まずは白川郷と五箇山の位置関係を確認しよう。

「合掌造り」が並ぶ岐阜県の「白川郷・荻町集落」と、富山県の「五箇山・相倉集落」間は、「飛越峡合掌ライン」と呼ばれる下道を走っても、わずか30キロほどしかなく、40分もあれば移動できる。またその途中に「五箇山・菅沼集落」がある。

ということは、すべてを1日でまわることは難しくない。

これまでの文脈から推察いただけると思うが、白川郷は観光条件が整っているだけに見学客の数も多く、「風景写真」が撮りたい人は、曜日と時間を選ばなければコトは簡単には運ばない。

その観点からすると、五箇山地区の特に「相倉集落」のほうがマッチする。

また冒頭では「極論すればどこもさして変わらない。」と書いたが、「合掌造り」だけにこだわなければ、五箇山には「こきりこ節」のような個性もある。

ただ、それでもこちらはリピーター向けだと思う。白川郷と同時に行けば、どうしても既成概念が生じて、五箇山の良さを探そうとする目を曇らせてしまうことだろう。

車中泊地選びの秘訣

白川郷・五箇山ともに近くに道の駅があるので、車中泊はしやすい。ただ、問題はゴールデンウィークや夏休みのなどのハイシーズンだ。

白川郷

また東海北陸自動車道の五箇山方面に少し走ったところには、「飛騨白川PA」がある。ただしレストランも売店もないので、入浴と食事を済ませてから行くほうがいいと思う。
なおライトアップ時の課題は「入浴」。運良く「白川郷の湯」を利用できればいいが、そうできる保証はない。そのため代替えのスポットを紹介しておこう。
温泉がある東海北陸自動車道のSA 城端ハイウェイオアシス
白川郷・五箇山の観光時に便利な、温泉がある東海北陸自動車道の「城端ハイウェイオアシス」の車中泊に関する記述です。

五箇山

白川郷

五箇山

タイトルとURLをコピーしました