やまなみハイウェイの長者原園地 車中泊快適度をクルマ旅のプロがチェック! 2023年4月更新

長者原駐車場大分県のお勧め車中泊スポット

車中泊旅行歴25年のクルマ旅専門家がまとめた、2023年4月現在の「長者原園地」の車中泊に関する情報です。

「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。
なお、道の駅での車中泊の可否については以下の記事を参照に。もちろん結論は「可能」です。
道の駅での車中泊は、”禁止”ではなくルールを守れば可能です。【車中泊専門家が解説】
車中泊歴25年のクルマ旅専門家が、2024年1月現在の「道の駅での車中泊が許されるルールと理由」を詳しく解説しています。
スポンサード・リンク

現在の「長者原(ちょうじゃばる)園地」の無料駐車場は、車中泊OK!

長者原駐車場

「長者原園地」の筆者の歴訪記録

※記録が残る2008年以降の取材日と訪問回数をご紹介。

2009.05.03
2010.05.01
2013.02.12
2013.10.24
2017.05.04
2020.12.27
2022.06.17

※「長者原園地」での現地調査は2022年6月が最新となります。

長者原園地【目次】

「長者原園地」のロケーション

「長者原園地」における、これまでの車中泊の歴史

「長者原園地」の施設

「長者原園地」の最寄りの温泉&周辺買物施設

「長者原園地」のアクセスマップ

「長者原園地」のロケーション

通称「やまなみハイウェイ」の名前で親しまれている「大分県道・熊本県道11号(別府一の宮線)」は、「日本百名道」のひとつで、湯布院に近い「水分峠」から熊本県にある阿蘇神社の「一の宮」に至る、全長約50キロの観光道路だ。

長者原

その「やまなみハイウェイ」で一番人気の場所と云えるのが、この長い直線道路で有名な、飯田高原にある「長者原」だろう。

長者原

標高約1000メートル地点にある「長者原園地」は、くじゅう連山の登山口として整備されており、ビジターセンターと温泉が併設するレストハウスがある。

「長者原園地」における、これまでの車中泊の歴史

車中泊禁止

施設の話に進む前に…

「長者原園地」では、一時期「車中泊禁止」の措置まで取られた、駐車場での車中泊の経緯について触れておきたい。

長者原 車中泊

筆者が初めて「長者原園地」を訪れたのは、2009年のゴールデンウィークだったが、その時にはもうすでに「車中泊禁止」の看板は立てられていた。

にもかかわらず、これほどの数のクルマが朝から「長者原園地」の駐車場には停まっており、半数近くは車中泊をしていたように見えた。

2009年といえば「第一次車中泊ブーム」の最中で、標高約1000メートル地点にある「長者原園地」の無料駐車場は、長期滞在もできる格好の”別荘地”に見えたのだろう。

また、当時は今ほど車中泊に対する世間の目も厳しくはなかった。

それから月日が流れ、2022年に訪ねた時は、禁止している内容を記した看板が、こちらに変わっていた。

そもそも、この駐車場で看板に書かれた数々の悪事を働いてきたのは、「車中泊」なんて言葉も知らない、団塊の世代のまだ10歳ほど上の人たちが主だ。

中にはその悪い”伝統”を受け継いだ団塊の世代もいたと思うが、今はそのほとんどが既に80歳を超えており、キャンピングカーで出かけることも難しい年齢に達している。

であれば、もうその「とばっちり」を、マナーを学習した世代にまで食らわせる必要はないという判断は、実に正しく賢明だと思う(笑)。

長者原

この看板の通り、現在の「長者原園地」で禁止されているのはオートキャンプであって、「車中泊」ではない。

すなわちひとつ上の看板内容に抵触しなければ、ここでの車中泊は可能になったということだ。

そして、それは筆者の唱える「車中泊の定義」と合致しており、15年の歳月を経て、長者原に正しい認識を持つ人が現れたことは、このうえなく喜ばしい。

「長者原園地」の施設

長者原園地

「長者原園地」には、3ヶ所の無料駐車場があり、路面はどこも平坦で特に車中泊には支障がない。

長者原園地

トイレに近いAの駐車場。

長者原園地 トイレ

前にこの看板があるのは、昔はここが長期滞在者の巣窟だった名残かも(笑)。

長者原園地 トイレ

近年改修された感のあるトイレは、ウォシュレットこそないものの、洋式ですこぶるキレイだ。

ただ園地に近いので、日中は出入りも多く騒がしそうな気もした。

長者原園地

いっぽうこちらは、一番広いCの駐車場。

トイレや食事処から遠く、休憩に使うにはいまひとつ不便だが、見晴らしがよく開放感に満ちている。

ここに車中泊旅行者が多いのは、そのせいもあるだろう(笑)。

長者原園地

筆者が「旅の宿」としての車中泊場所にお勧めするのは、ビジターセンター前のあるBの駐車場だ。

Aと同様に24時間使えるきれいなトイレがあり、食事と入浴ができる「長者原ヘルスセンター」にも近い。

長者原

またこの駐車場は「くじゅうの山群」に通じる登山道と隣接しており、夜明けから山へと向かう人達も車中泊でやってくる。

そのため長期滞在者はここを避けているようなので、変に勘違いされる心配はない。

長者原ビジターセンター

ただビジターセンターの営業時間中は、見学者のために駐車場を空けるようにしよう。到着が早い時は、BかCの駐車場に駐め、閉館後に移動してくるといい。

長者原ビジターセンター
入館料 無料
営業時間 9時 ~ 17時
(11月~4月 16時閉館)
休館日 12月29日 ~ 1月3日

なお、長者原から「道の駅小国」「道の駅ゆふいん」、そして「道の駅阿蘇」の3つの道の駅までは、いずれも40分ほどで行くことができる。

それを考えると、アウトドアに興味のない人が、なにも不便な長者原にこだわる必要はない。

このあたりは標高が高く、どこでも夜は涼しくなる。

「長者原園地」の最寄りの温泉&周辺買物施設

長者原ヘルスセンター

長者原ヘルスセンター
☎0973-79-2244
おとな500円
11時~17時30分
不定休

長者原には他にも温泉があり、ゆっくりドライブやハイキングの疲れを癒やすなら、この「九重星生ホテル 山恵の湯」に勝るところはないと思う。

コンビニ・スーパーマーケット
「食品スーパー 高原ショップ 小野」が約5.3キロのところにある。

「長者原園地」のアクセスマップ

マップをグーグルナビに切り替える方法
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」をタップし、画面が切り替わったら下の「ナビ開始」をタップするとナビゲーションが始まります。 高速道路か国道にするかを選びたい場合は、「ナビ開始」ボタンの左にある「経路」をタップすると表示されます。
スポンサード・リンク

大分のベスト車中泊スポット特集

大分県の車中泊スポット

やまなみハイウェイ車中泊旅行ガイド

やまなみハイウェイ

やまなみハイウェイ
九州絶景ドライブコース「やまなみハイウェイ」 概要&車中泊パーフェクトガイド
やまなみハイウェイの概要と、途中の立ち寄りスポット、車中泊スポットをご紹介。
明礬温泉
クルマで旅する別府温泉郷 概要と見どころ
別府温泉の共同浴場・グルメ・見どころと車中泊事情を詳しくご紹介。
亀の井別荘
湯布院の概要と中高年の楽しみ方
湯布院の日帰り温泉・グルメ・見どころと車中泊事情を詳しくご紹介。
ゆふいん山水館
やまなみハイウェイ界隈に湧く「九重”夢”温泉郷」 全温泉地ガイド
由布院から長者原間に点在する、九重の名湯・秘湯をご紹介。
小国郷
小国郷の温泉と観光・グルメスポット&車中泊事情
小国郷の温泉・見どころ・車中泊事情を詳しくご紹介。
草千里
車中泊でめぐる阿蘇山 早わかりガイド
クルマ旅のプロが自信をもってまとめた、阿蘇山のドライブ&絶景スポットのご紹介。
やまなみハイウェイ 関連記事一覧
やまなみハイウェイ 関連記事一覧
これまでに取材してきた、やまなみハイウェイに関するすべての記事の一覧です。
フェイスブック
インスタグラム
1必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 楽天市場の四国特産品 特集!楽天市場の九州特産品 特集!1

「アラ還」からの車中泊

この記事がよく読まれています。

404 NOT FOUND | 車中泊でクルマ旅 オフィシャルサイト
クルマ旅のプロが贈る、北海道から九州までの主な観光地で役立つ「車中泊クルマ旅」情報です。
車中泊のお勧めグッズ&アイデア 一覧
これまで取材してきた、車中泊のお勧めグッズとアイデアの一覧です。
【車中泊のゴミ対策】道の駅で車中泊旅行中に出るゴミを捨てるのはOK!<クルマ旅のプロが解説 2022年12月更新> 
【2022年12月更新】車中泊旅行歴25年のクルマ旅のプロがまとめた、道の駅での旅行ゴミの処分に関する記述です。
車中泊用サブバッテリー リチウムイオン載せ替え&新規搭載ガイド【クルマ旅のプロが解説!】
この道25年の現役クルマ旅専門家がまとめた、実体験に基づく車中泊用サブバッテリーの、リチウムイオン積替えと新規搭載に関する明快なガイドです。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
車中泊旅行歴25年の現役のクルマ旅専門家・稲垣朝則が実践している、車中泊旅行スタイル「Auto-Packer(オートパッカー)」の、”プロモデル”として使われているハイエース・キャンピングカーWizの実使用レポートです。
タイトルとURLをコピーしました