西伊豆の富士山眺望&車中泊スポット まとめ

御浜崎 伊豆半島
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、全国各地からセレクトした「クルマ旅にお勧めしたい100の旅先」の中のひとつです。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
中高年になったら出かけよう!「日本クルマ旅先100選」
クルマ旅専門家・稲垣朝則がセレクトした、国内で車中泊クルマ旅にお勧めの「ベスト100スポット」のご紹介です。

駿河湾越しの富士山眺望スポット

御浜海水浴場

巷では今も富士山・噴火に関する憶測がくすぶり続けている。

もし噴火したら… 

今の富士山の写真は貴重な記録として、高い値がつくかもしれない(笑)。

とはいえ、富士山の撮影スポットは無数と思えるほどあり、そこで撮影された素晴らしい作品は、既に星の数ほど存在する。

だが、少なくても今はこう思っている。

スケールの大きな富士山には、湖よりも駿河湾がよく似合う。

西伊豆

というわけで、ここでは駿河湾の対岸にあたる伊豆半島西海岸の「定番・富士山撮影スポット」を紹介する。

ただし、初めての人向けに書いているので、経験者には新鮮味に欠けるかもしれない。

老婆心ながらつけ加えると、観光というのはどこでもそうだが、「定番」と呼ばれてきた場所には「それ相応の価値」がある。

まずはそれを知った上で、お気に入りの場所を探すほうが近道だ。

河津桜と富士山

なお撮影に適している時期は、2月下旬から3月の初旬。

河津桜が満開を迎える頃がちょうどいい。

また時間は富士山が順光になる午前中の10時前後がベストだ。

※情報は沼津から南下するかたちで列記。

1.大瀬崎

大瀬崎

2012年2月20日 AM9:13  Nikon/D700 28ミリ

別名琵琶島とも呼ばれる駿河湾に突き出した半島で、国の天然記念物のビャクシン樹林が群生している。

出典: 伊豆半島ジオパーク

ここは高台から撮影した写真が多く、ドローンがあるとこういう景色も撮影できるようだ。

吟道之碑

筆者が撮影したのは、県道17号沿いにある「吟道之碑」の入口から写真の階段を登ったところ。

ここには駐車場がないので、路肩にクルマを停めた。

大瀬崎周辺地図

大瀬崎に降りる途中に展望所があるが、筆者はここのほうが高台で眺めもいいと感じた。

2.煌めきの丘

煌めきの丘

2015年2月27日 PM12:29  Nikon/D5300 34ミリ

戸田(へだ)の県道17号沿いにある展望台。

すぐ近くにある「出逢い岬」と混同しやすいが、こちらが「戸田」と書かれた菜の花畑と富士山が一緒に撮れる場所だ。

煌めきの丘 駐車場

駐車場はあるが、トイレはないので車中泊には不向きだろう。

道の駅くるら戸田

煌めきの丘 周辺マップ

3.出逢い岬

出逢い岬

2012年2月20日 AM8:44  Nikon/D700 60ミリ

富士山の撮影スポットとしては、いまひとつ。

むしろ、ここの眺望で美しいのは、下の写真の御浜崎だ。

御浜崎

ただし富士山が順光になる午前中は、こちらが逆光になる。

駐車場にはトイレがあるが、傾斜が強くここでの車中泊は困難を要するだろう。車中泊をするなら、ここも道の駅の方がいい。

出逢い岬周辺マップ

4.御浜岬

御浜岬

2012年2月20日 AM7:59  Nikon/D700 45ミリ

筆者が選ぶ西伊豆の富士山撮影ベストスポットはここ。

この圧巻のアングルは、下のマップの❶健康の森の展望台から眺めることができる。

御浜崎周辺マップ

ここが展望台への登り口。健康の森のバス停のところにある。

展望台は老朽化が進んでおり、近い将来「立ち入り禁止」か、立て直しになるかもしれない。

筆者がここをベストスポットに挙げる理由は、ここからの眺めだけではない。

御浜崎は他の撮影スポットと違い、異なるアングルの写真が撮れる。

御浜

戸田観光案内所あたりから見える景観。

御浜海水浴場 駐車場

5.恋人岬

恋人岬 西伊豆

2015年2月27日 AM10:18  Nikon/D5300 38(実質57)ミリ

戸田から土肥を通り越して、黄金崎に着く手前にある。

6.黄金崎

黄金崎

2015年2月27日 AM9:45  Nikon/D5300 18(実質27)ミリ

ここは富士山よりも夕陽で有名な撮影ポイントだが、西伊豆から富士山が見える最南端ということで取り上げた。

富士山は写真の右上に小さく見える

黄金崎 駐車場

駐車場と展望台。トイレはないので車中泊には適さない。

黄金崎周辺マップ

なお、ここより南にも堂ヶ島や石廊崎などの景勝地は続くが、もう富士山は見えないので、ここでは取り上げない。

タイトルとURLをコピーしました