道の駅 くるら戸田 車中泊好適度をクルマ旅のプロがチェック!

道の駅 くるら戸田 道の駅
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。
スポンサード・リンク

「道の駅 くるら戸田」は、西伊豆にできた待望の温泉が併設している道の駅

道の駅 くるら戸田

道の駅 くるら戸田【目次】

「道の駅 くるら戸田」のロケーション

「道の駅 くるら戸田」の施設

「道の駅 くるら戸田」の車中泊好適度チェック!

「道の駅 くるら戸田」の温泉&買物施設

「道の駅 くるら戸田」のアクセスマップ

スポンサード・リンク

「道の駅 くるら戸田」のロケーション

土肥フェリーターミナル

「道の駅 くるら戸田」がある「戸田(へだ)」は、対岸の清水港を出港した駿河湾フェリーが発着する、西伊豆最大の町「土肥(とい)」から20キロほど北に位置する漁業の町。

タカアシガニが穫れること、駿河湾越しに見える富士山の絶景スポットがあること、そして泉質がいい町営温泉があることなど、どちらかといえばマニアックな人たちに愛されているところだと思う。

そして筆者も、その戸田から見える富士山の絶景に魅せられ、20年以上前から西伊豆に足を運び続けているうちのひとりだ(笑)。

土肥温泉

そんな筆者の目には、本来なら温泉町として知られる「土肥」にこそ道の駅が必要と映っていたのだが、なぜか何もない「戸田」に、それまで伊豆半島の道の駅の”エアポケット”と云われた西伊豆初の道の駅が誕生した。

というか、誕生してしまった(笑)。

ただ、その理由は分からないでもない。

出典:まっぷるトラベルガイド

戸田は、中伊豆の「修善寺」を経由して、一直線とまではいかないものの、東伊豆の「伊東温泉」に向けて伊豆半島を横断できる道が通っており、交通面では「土肥」よりも適している場所になる。

県道17号

しかし西伊豆には、道の駅 が「くるら戸田」しかないうえに、海岸線を走る国道と県道は狭くてカーブが多いため、この地を旅する車中泊の旅行者は、休息や仮眠を求めて必然的にここに集中してくる。

しかも安くていい温泉があるのだから、なおさらだ。

ということは… 繁忙期になると駐車場の有無でトラブルが生じる(笑)。

特にGWは駐車場の確保のため、昼間からずっと動かないキャンピングカーが多く、何度か住民から苦情が出ているようだ。

以前からこの地を知る旅人に云わせれば、「そうなるに決まってるやんか!」という最初からの設計だが、今更云っても遅い話だろう(笑)。

御浜岬公園

そこで満車に備えて、代替となる近くの車中泊スポットを紹介しておこう。

スポンサード・リンク

「道の駅 くるら戸田」の施設

道の駅 くるら戸田

「道の駅 くるら戸田」の駐車場は、フラットで車中泊に支障はない。

また前を走る県道17号は、修善寺に通じているとはいえ、西伊豆の大動脈である国道136号に比べると通行量は少なく、夜に通るのは地元の住人くらいしかいないため、静寂性も保たれている。

道の駅 くるら戸田

繰り返しになるが、難点は駐車場のキャパシティーにある。

他に道の駅がない西伊豆という立地を考えれば、42台というのは心もとなく、第二駐車場ができればいいが、それまではその事情を踏まえて利用するほうがいいと思う。

道の駅 くるら戸田

さて。「道の駅 くるら戸田」の施設は新しいだけあってキレイだ。休憩スペースも開放感があって落ち着ける。

道の駅 くるら戸田

可燃物のゴミ箱をちゃんと用意してくれている。

道の駅 くるら戸田

売店には沼津の特産品などが並び、品揃えは豊富。

ただし食堂は簡素でメニューも少ない。そもそも、ラストオーダーが5時半なので、夕食には向かないだろう。

「道の駅 くるら戸田」の車中泊好適度チェック!

1.駐車場の平坦性=○
2.駐車場のキャパシティー=△
普通車:42台
3.ゴミ箱の有無=○
4.旅行情報の充実度=○
5.付帯設備の充実度=△
6.周辺の車中泊環境=○

道の駅 くるら戸田 オフィシャルサイト

「道の駅 くるら戸田」の温泉&買物施設

旧壱の湯

併設する「新:壱の湯」は、かつて違う場所にあった写真の戸田温泉の共同浴場「旧:壱の湯」が老朽化したため、移転して新たに作られたものだ。

壱の湯

「壱の湯」の泉質はナトリウム・カルシウム-硫酸塩温泉で、Ph値はなんと9.2。

アルカリ性の柔らかいお湯は、ついつい長湯がしたくなる。確かに住んでいれば、毎日でも来たくなるお湯のひとつだろう。

新しい壱の湯の浴室はこちらで確認

コンビニ
最寄りのセブンイレブンまでは約18キロあるが、650メートルのところに、ドラッグストアの「ココカラファイン」がある。

スーパーマーケット
「JFマリンストア」まで約1.2キロ。

「道の駅 くるら戸田」のアクセスマップ

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
スポンサード・リンク

日本全国 道の駅・車中泊好適度チェック!

西伊豆 車中泊旅行ガイド

車中泊で行く西伊豆2

西伊豆
西伊豆の観光&車中泊事情<西伊豆トップページ>
西伊豆の観光&車中泊事情に関する記述です。
御浜崎
西伊豆の富士山眺望スポットをまとめてご紹介!
西伊豆から駿河湾越しに富士山が眺望できる展望地
西伊豆の車中泊スポットをまとめてご紹介!
西伊豆の車中泊スポットをまとめてご紹介!
これまで取材してきた西伊豆の車中泊スポットに関する記事の一覧です。
駿河湾フェリー
「駿河湾フェリー」は、清水から西伊豆への”渋滞回避ルート”
清水から西伊豆への”渋滞回避ルート”、「駿河湾フェリー」のご紹介。
西伊豆の関連記事 一覧
西伊豆の関連記事 一覧
これまでに取材してきた伊豆半島西岸に関連する記事の一覧です。

伊豆半島 車中泊旅行ガイド

車中泊で行く伊豆半島

伊豆半島
伊豆半島 車中泊旅行ガイド<トップページ>
伊豆半島全域の観光&車中泊情報のトップページです。
伊東温泉
東伊豆の観光&車中泊事情
東伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
西伊豆
西伊豆の観光&車中泊事情
西伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
独鈷そば大戸
中伊豆の観光&車中泊事情
中伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
石廊崎
南伊豆の観光&車中泊事情
南伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
伊豆半島の車中泊スポット 一覧
伊豆半島の車中泊スポット 一覧
これまで取材してきた伊豆半島の車中泊スポットの一覧です。
伊豆半島 関連記事一覧
伊豆半島 関連記事一覧
これまでに取材してきた伊豆半島に関連する、すべての記事の一覧です。

この記事がよく読まれています。

車中泊クルマ旅は、日本の新しい「旅のカタチ」
自由奔放。行きたいところに、行きたい時に、居たいだけ。そんな車中泊でクルマ旅の紹介です。
「ワンランク上の車中泊」お勧めグッズ&アイデア集
「ワンランク上の車中泊」 グッズ・バイヤーズガイド 流通企業で10年間のバイヤー経験を持つ筆者が、実際に使用している車中泊グッズを、実践しているアイデアを含めて具体的にご紹介しています。 スポンサード・リンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).p...
車中泊旅行者が道の駅で捨てるゴミは、「家庭ゴミ」ではなく「旅行ゴミ」
クルマ旅のプロがまとめた、家庭ゴミと道の駅のゴミ箱設置の有無に関する記載です。
RENOGY(レノジー)リチウムイオン サブバッテリーの取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先
車中泊で使用するサブバッテリーに、リチウムイオン・バッテリーを載せ替え、また新規搭載する際の留意点をご紹介。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
クルマ旅のプロが解説する、アネックス社のハイエース・キャンピングカーWizの詳しい実使用レポートです。
スポンサード・リンク
タイトルとURLをコピーしました