鹿児島市内と桜島の、車中泊事情&車中泊スポット

桜島 車中泊 車中泊
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、全国各地からセレクトした「クルマ旅にお勧めしたい100の旅先」の中のひとつです。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
テーマはディスカヴァー・ジャパン 「日本クルマ旅先100選」
クルマ旅専門家・稲垣朝則がセレクトした、国内で車中泊クルマ旅にお勧めの「ベスト100エリア」をご紹介。

裏技駆使のパーク&タクシーライドか、パーク&フェリーライド

ご多分に漏れず、大都市・鹿児島の中心部には、道の駅や無料の車中泊スポットは見当たらない。

古くから薩摩藩90万石の城下町として栄えてきた鹿児島市は、1889年に日本で最初に市制を施行した31市のひとつで、現在は福岡市、北九州市、熊本市に次ぐ、九州第4位の人口を擁する都会である。

仙巌園

ただ、鹿児島の町が福岡や熊本と違うところは、市内にある見どころの多さだ。

このサイトで紹介している「鹿児島市内の観光スポット」を、朝から夕方までの時間帯で全て周り切るのは、ちょっと厳しい。

そこで、これまでに博多・長崎・京都・大阪、さらには東京都内においても、「街中・車中泊スポット」を見出してきた筆者の嗅覚を駆使し、鹿児島市内の「一等地」を探ってきた。

1.パーク&タクシーライドの「城山公園」

城山公園 車中泊

2.パーク&フェリーライドの桜島

次は「常識では思いつかない場所」にあり、行くには船に乗る必要がある。

桜島溶岩なぎさ公園

鹿児島市街からフェリーで約15分のところにあるこの駐車場は、トイレはもちろん、目の前に温泉とスーパーがあり、昼間は足湯に浸かりながら桜島を眺望できる、まさに「一等地」と呼ぶに相応しい車中泊スポットだ。
鹿児島市内に近い穴場の無料車中泊スポット 桜島溶岩なぎさ公園 
クルマ旅のプロがまとめた、鹿児島市内に近い穴場の無料車中泊スポット「桜島溶岩なぎさ公園」に関する記述です。

道の駅桜島

また公園の無料駐車場より、泊まり慣れた道の駅の方が安心できるという人には、うえの「桜島溶岩なぎさ公園」のすぐ近くに「道の駅・桜島」がある。
道の駅桜島 車中泊好適度チェック!
クルマ旅のプロがまとめた、「道の駅桜島」の車中泊に関する記述です。

ただし桜島で泊まると、こういうことにも遭遇する(笑)。

桜島噴火

写真を見ると、おったまげるかもしれないが、実は鹿児島では桜島の小規模な噴火は「日常茶飯事」らしい。

鹿児島地方気象台のデータによると、桜島の噴火回数は、2015 年が1252 回、2016 年が153 回、2017 年は406 回。

実際、この時筆者は「桜島溶岩なぎさ公園」にいたのだが、噴火の音も聞こえず火山灰にも気づかなかった。

とはいえ、油断は禁物。現地ではラジオなどで火山情報にも気を配ろう。噴火が怖いと思う人には、少し離れたこちらの道の駅がお勧めだ。

ここには、夜中の噴火で赤いマグマが暗闇に飛び散る瞬間を狙う写真愛好家たちが、よく車中泊で訪れるという。

3.天文館には出かけないよ。という人向き

 

タイトルとURLをコピーしました