ハッピーコールで作る、「ぶっこみ」クリーム・スパゲティー

ぶっこみクリーム・スパゲティークッキング
クルマ旅のプロが実践する、ワンランク上の車中泊
このサイトでは、既に車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、20年以上の歳月をかけて培ってきた、オリジナルの車中泊ノウハウとそのアイデアを紹介しています。
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィール
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィールと沿革です。
スポンサード・リンク

麺と具材を同時に茹で上げられる、ハッピーコール

ハッピーコールは、麺と具材を同時に茹で上げることができ、調理時間だけでなく、洗い物も燃料も少なくて済む、クルマ旅にうってつけの調理器具だ。

今日は車中泊やキャンプで重宝する、両面焼きの圧力フライパン「ハッピーコール・ホットクッカーグルメパン」で作るクリーム・スパのレシピを紹介しよう。

クリーム・スパゲティーの材料

ぶっこみクリーム・スパゲティー材料

スパゲティー:100グラム
(使用したのは、1.7ミリ・茹で時間7分)

薄切りベーコン:4.5枚
玉ねぎ:大1/2
しめじ:1/2パック
コンソメ:1個
生クリーム:100ミリリットル
水:300cc
醤油:大さじ1

クリーム・スパゲティーの作り方

今回はキャンピングカーの中で実際に調理してみた。

ハッピーコールでスパゲティー

❶玉ねぎ・しめじ・ベーコンをカットし、ハッピーコールに生クリームと醤油以外の材料を全部入れて強火にかける。

大事なのは、スパゲティーがダマにならないよう2つに折り、パラパラなるよう丁寧に入れていくこと。面倒なのはここだけだ(笑)。

ぶっこみクリーム・スパゲティー

❷5分後に一度フタを開けて具材をよく混ぜるが、その前に沸騰したら弱火にしてやる。強火のままだと水が早く蒸発し、麺に芯が残りやすくなってしまう。

混ぜ終わったらフタをして、再び弱火で約10分ほど煮込む。

ぶっこみクリーム・スパゲティー

❸フタを開けて麺の硬さを確認し、芯がなくなっていたら火をとめて生クリームを入れ、最後に醤油で味を整えたら出来上がり。

ぶっこみクリーム・スパゲティー

もともとこれは、ダッチオーブンのレシピとして紹介していたのだが、圧力がかかるハッピーコールでもできるのでは?と試してみた。

さすがにダッチオーブンに比べると蒸気の抜けが激しいため、水も茹で時間も2倍ほど余計にかかった。

ハッピーコール

だが、テフロン加工のハッピーコールは、ダッチオーブンよりも圧倒的に後始末が簡単だ。

洗えない状況でも、残ったスープをキッチンペーパーで拭き取り、後は写真の重曹クリーナーを一吹きしておけば、サビたり匂いが残る心配もない。

スポンサード・リンク

車中泊の旅と合わせて楽しむ、「ソウルフード・クッキング」

ソウルフードクッキング

車中泊の位置づけは「手段」。 「目的」は生活ではなく、クルマ旅やアウトドアを愉しむこと。

車中泊でクルマ旅プロの車中泊クルマ旅をご紹介。
車中泊でクルマ旅 オフィシャルサイト
クルマ旅専門家・稲垣朝則が、日本全国を車中泊で旅するために役立つ情報をお届けしています。
目指しているのは、景勝・グルメ・温泉などの情報に車中泊スポットをリンクした、実践的で役立つ「アラ還・車中泊旅行者」のための「るるぶ」。子育てから開放され、定年後の人生を意識し始める、筆者と同世代の車中泊旅行者に向けたコンテンツです。

この記事がよく読まれています。

車中泊クルマ旅は、日本の新しい「旅のカタチ」
自由奔放。行きたいところに、行きたい時に、居たいだけ。そんな車中泊でクルマ旅の紹介です。
「ワンランク上の車中泊」お勧めグッズ&アイデア集
「ワンランク上の車中泊」 グッズ・バイヤーズガイド 流通企業で10年間のバイヤー経験を持つ筆者が、実際に使用している車中泊グッズを、実践しているアイデアを含めて具体的にご紹介しています。 スポンサード・リンク (a...
車中泊旅行者が道の駅で捨てるゴミは、「家庭ゴミ」ではなく「旅行ゴミ」
クルマ旅のプロがまとめた、家庭ゴミと道の駅のゴミ箱設置の有無に関する記載です。
RENOGY(レノジー)リチウムイオン サブバッテリーの取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先
車中泊で使用するサブバッテリーに、リチウムイオン・バッテリーを載せ替え、また新規搭載する際の留意点をご紹介。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
クルマ旅のプロが解説する、アネックス社のハイエース・キャンピングカーWizの詳しい実使用レポートです。
スポンサード・リンク
タイトルとURLをコピーしました