「石廊崎」の3つの楽しみ方【クルマ旅のプロが解説】 2022年2月更新

石廊崎 絶景スポット
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、全国各地からセレクトした「クルマ旅にお勧めしたい100の旅先」の紹介です。
テーマはディスカヴァー・ジャパン 「日本クルマ旅先100選」
クルマ旅専門家・稲垣朝則がセレクトした、国内で車中泊クルマ旅にお勧めの「ベスト100エリア」をご紹介。
スポンサード・リンク

2019年に「石廊崎オーシャンパーク」がオープンしたことで、おもしろさが倍増!

石廊崎

石廊崎(いろうざき)【目次】

石廊崎のロケーション

石廊崎の楽しみ方は3つある

石廊崎オーシャンパーク

伊豆クルーズ 石廊崎岬めぐり

石廊崎 アクセスマップ

スポンサード・リンク

石廊崎のロケーション

石廊崎マップ

まずマップの現在地になっている石廊崎の景勝地「ユウスゲ公園」は、「道の駅 下賀茂温泉 湯の花」から約10キロ・15分。

ユウスゲ公園

地図で見るより、実際はずいぶん近い感じがする。

ユウスゲ公園

ユウスゲ公園の頂上部分にある展望所。

「ユウスゲ公園」は夕陽の名所としても有名だが、この距離なら現地で無理に車中泊をしなくても、サンセットタイムを楽しんでからの移動で、十分道の駅まで戻ることができる。

みなと湯

またその帰り道で、道の駅から約3.4キロのところにある南伊豆町営の「弓ヶ浜温泉公衆浴場 みなと湯」に立ち寄れば、温泉代もひとり600円で収まる。

と、ここまでは都合のいい話だが(笑)

道の駅下賀茂温泉

下賀茂温泉の河津桜が満開を迎える頃は、道の駅が夜間でも満車になることがある。

みなみの桜と菜の花まつり

そのため「みなみの桜と菜の花まつり」の期間中に、サンセットを楽しみたいのなら、「ユウスゲ公園」のすぐ近くにある「奥石廊崎大根(おおね)展望台」、通称「あいあい岬」の無料駐車場か、弓ヶ浜の無料駐車場での車中泊がお勧めになる。

スポンサード・リンク

 

石廊崎

さて。

太平洋に突き出た石廊崎は、西側の駿河湾及び遠州灘と、東側の相模灘の境界に位置する岬だが、真鶴岬のように先端はひとつではなく、まるで獣が指を広げたような形状をしている。

それは航空写真でみると一目瞭然。

出典:伊豆半島ジオパーク

現在はこの火山活動によって生まれたユニークなかたちが、石廊崎の観光をおもしろくしているわけだが、昔は違った。

石廊崎港は近隣の妻良港や下田港とともに、かつては江戸と関西方面を結ぶ幹線航路の「風待港」として、多くの船で賑わっていた場所だ。

※風待港とは
強い季節風や暴風雨を避けつつ、航行しやすい順風が吹くのを待つための港

石室神社

石廊崎の先端にある石室神社は、当時の航海の安全を願って建てられたものと云われているが、確かに風が強い日は、ここまで行くだけでも寿命が縮む思いがする(笑)。

石廊崎の楽しみ方は3つある

石廊崎

ひとつは奥石廊崎に通じる、風光明媚な県道16号のドライブだ。

ドライブルート沿いには前述した「奥石廊崎大根(おおね)展望台」、通称「あいあい岬」があり、そこから大小さまざまな岩と断崖が織りなす、奥石廊崎の絶景が眺望できる。

南伊豆町ジオパークビジターセンター

こちらが「あいあい岬」。

南伊豆町ジオパークビジターセンター

2019年の3月まで「南伊豆町ジオパークビジターセンター」として使われてきた売店には、今でもジオスポットの展示とパンフレットの陳列が残されており、そのほかに伊豆の大地をお菓子にした、オリジナルの土産品も置いてある。

あいあい岬

そして駐車場からは、開放感に満ちた太平洋が一望できる。

あいあい岬

なお「あいあい岬」からクルマなら1分、歩いても10分まではかからないところにあるのが、冒頭の夕日を撮影した「ユウスゲ公園」で、この写真はそこから見た「あいあい岬」になる。

石廊崎オーシャンパーク

石廊崎

ところで…

かつて、石廊崎には「ジャングルパーク」という熱帯植物園があったが、施設の老朽化や入場客の減少に伴い、2003年に閉園。

その後、閉鎖した施設は放置されたままとなり、石廊崎はいつしか「るるぶ」のような観光ガイドブックにも小さくしか掲載されない、「廃れた観光地」に落ちぶれてしまっていた。

筆者が初めて石廊崎を訪ねたのは、ちょうどその頃だった。

行政がよくやく重い腰をあげたのは、それから16年を経た2019年(平成31年)。

石廊崎オーシャンパーク

現在は敷地内の廃墟を解体したうえで、「石廊崎オーシャンパーク」としてリニューアルオープンを果たしている。

石廊崎オーシャンパーク

おかげで今は、灯台手前の駐車場までクルマで行くことができる。

石廊崎オーシャンパーク

こちらが「石廊崎オーシャンパーク」の有料駐車場で、料金は乗用車500円/1日、収容台数は約100台。

石廊崎オーシャンパーク

ただし営業時間外の入庫・出庫は不可で、入口にはゲートが設けられている。よって事実上、車中泊はできないに等しい。

石廊崎オーシャンパーク

「石廊崎オーシャンパーク」には物販と軽食のコーナーを備えたレストハウスが建ち、そこがジオパークのビジターセンターも兼ねている。

石廊崎オーシャンパーク

「石廊崎オーシャンパーク」の一等席はテラス席。海の景色は建物の窓に映り込んだもの。つまり前を見ても後を見ても、美しい海が広がっている(笑)。

石廊崎オーシャンパーク

また「石廊崎オーシャンパーク」には、伊豆半島の観光パンフも揃っている。

写真の東西南北に分けたドライブマップは、分かりやすくて重宝するのだが、他ではほとんど見かけない。

石廊崎

ビジターセンターからは、石廊崎の先端に通じる遊歩道が整備されている。

石廊崎灯台

その途中に石廊埼灯台があり、その先の石室神社を超えて、道は最突端に鎮座する熊野神社の祠(ほこら)へと続いている。

石廊崎

ここが石廊崎の突端部分で、しめ縄のかかった岩の下に熊野神社の祠がある。

石廊崎

この日は、天気は最高だが、手すりから手を離せばじっとしていられないほどの強風が舞うジレンマのコンディション。

高所恐怖症の筆者は、何度もスマホを持っていかれそうになりながら、「まさに死ぬ思い」で最先端からシャッターを切った。

だが怖すぎて、こちらを背にして祠(ほこら)を撮ることができず、無念の退散(笑)。

2022年2月更新

熊野神社の祠

年が明けて、再び石廊崎を訪れるチャンスに恵まれた。

今度は見事に無風の日を引き当て、念願の熊野神社の祠を撮影したが、ここは本当に風があるのとないのでは大違いの場所だ。

石廊崎

今でこそ立派な柵があるのだが、昔はこれなくして祠を建てているのだから、信じられない。

そしてさらに驚いたのは、この断崖絶壁の下に釣人がいる!

どうやって降りたんだ??

石廊崎

その答えは遊覧船に乗って分かった。

旅人が心配しなくても、ちゃんと渡船が運んでくれる(笑)。

石廊崎

この海域は根が荒いことから、メジナやイシダイなどの大型魚が居着いており、さらにマダイも狙えるらしく、比較的波が穏やかだったこの日は、多くの磯に釣人の姿があった。

伊豆クルーズ 石廊崎岬めぐり

遊覧船「マリンバード号」

最後は遊覧船で海から石廊崎の奇岩と断崖を見学する。

石廊崎遊覧船

筆者が乗船したのは、オシドリをイメージしたカラフルなデザインの「マリンバード号」だったが、混雑時は五百石船「豆州丸」と2隻で運航することもあるようだ。

石廊崎遊覧船めぐり

コースは以下の2つ
A:奥石廊崎コース
B:みのかけ岩コース

基本は透明度が高くて人気の「ヒリゾ浜」を通るAコースのようだが、天候によってBコースになる場合がある。

今回もそうだったが、冬ほど海は荒れやすく、河津桜の咲く時期はBコースになることが多いと云われた。

石廊崎岬めぐり遊覧船
大人1450円
所要時間:約30分
毎日運航・無休
出航時間:9時30分~16時30分
駐車場有り(有料1台500円)

なお駐車場券は「石廊崎オーシャンパーク」と共通。

それならば先に、「石廊崎オーシャンパーク」の恐怖を味わってから来るほうがいいと思う(笑)。

時刻等の詳細はこちらで確認を。

石廊崎遊覧船めぐり

ちなみにこの景色は、A・Bどちらのコースでも見られるとのこと。

石廊崎遊覧船

Bコースで一番の見どころは、その昔、役小角(えんのおずぬ)が飛行用の衰をこの岩に掛けたという伝説が残る「蓑掛(みのかけ)岩」だ。

役小角といえば、世界遺産の吉野山に建立したとされる「金峯山寺」で有名だが、実は平安時代にこの地に流刑となっている。

もし役小角に興味があれば、こちらのページもどうぞ。筆者は大阪在住なので、伊豆どころじゃない詳しいレポートが貴方を待っている(爆)。

スポンサード・リンク

石廊崎 アクセスマップ

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
スポンサード・リンク

南伊豆 車中泊旅行ガイド

車中泊で行く南伊豆

石廊崎
南伊豆の車中泊&観光事情<南伊豆トップページ>
南伊豆の車中泊&観光事情に関する記述です。
ペリーロード
下田 車中泊旅行ガイド
伊豆半島・下田の見どころと車中泊事情を詳しくガイドしています。
石廊崎
「石廊崎」の3つの楽しみ方 2022年2月更新
2019年に大きく変わった「石廊崎」の3つの楽しみ方をご紹介。
下賀茂温泉 南伊豆町
みなみの桜と菜の花まつり 車中泊旅行ガイド
南伊豆町の春の風物詩を詳しく紹介しています。
南伊豆の車中泊スポット 一覧
南伊豆の車中泊スポット 一覧
取材してきた南伊豆の車中泊スポットに関する記事の一覧です。
南伊豆の関連記事 一覧
南伊豆の関連記事 一覧
これまでに取材してきた、南伊豆に関連する記事の一覧です。

伊豆半島 車中泊旅行ガイド

車中泊で行く伊豆半島

伊豆半島
伊豆半島 車中泊旅行ガイド<トップページ>
伊豆半島全域の観光&車中泊情報のトップページです。
伊東温泉
東伊豆の観光&車中泊事情
東伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
西伊豆
西伊豆の観光&車中泊事情
西伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
独鈷そば大戸
中伊豆の観光&車中泊事情
中伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
石廊崎
南伊豆の観光&車中泊事情
南伊豆の観光&車中泊事情のトップページです。
伊豆半島の車中泊スポット 一覧
伊豆半島の車中泊スポット 一覧
これまで取材してきた伊豆半島の車中泊スポットの一覧です。
伊豆半島 関連記事一覧
伊豆半島 関連記事一覧
これまでに取材してきた伊豆半島に関連する、すべての記事の一覧です。

この記事がよく読まれています。

車中泊クルマ旅は、日本の新しい「旅のカタチ」
自由奔放。行きたいところに、行きたい時に、居たいだけ。そんな車中泊でクルマ旅の紹介です。
「ワンランク上の車中泊」お勧めグッズ&アイデア集
「ワンランク上の車中泊」 グッズ・バイヤーズガイド 流通企業で10年間のバイヤー経験を持つ筆者が、実際に使用している車中泊グッズを、実践しているアイデアを含めて具体的にご紹介しています。 スポンサード・リンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).p...
車中泊旅行者が道の駅で捨てるゴミは、「家庭ゴミ」ではなく「旅行ゴミ」
クルマ旅のプロがまとめた、家庭ゴミと道の駅のゴミ箱設置の有無に関する記載です。
RENOGY(レノジー)リチウムイオン サブバッテリーの取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先
車中泊で使用するサブバッテリーに、リチウムイオン・バッテリーを載せ替え、また新規搭載する際の留意点をご紹介。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
クルマ旅のプロが解説する、アネックス社のハイエース・キャンピングカーWizの詳しい実使用レポートです。
スポンサード・リンク
タイトルとURLをコピーしました