スポンサーリンク

車中泊の暑さ対策に有効。シェルター&キャンプベッド

車中泊時の暑さ対策
クルマ旅のプロが実践する、ワンランク上の車中泊クルマ旅
このサイトでは、既に車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、20年以上の歳月をかけて培ってきた、オリジナルの車中泊クルマ旅スタイル「Auto-Packer」を紹介しています。

コットで寝れば、キャンプは快適。

ふだんはキャンピングカーで日本各地を旅している筆者だが、さすがに「真夏」は平地で車中泊をするのを極力避けている。

テントを張らないまでも、「蚊帳」に近いシェルターの中にキャンプベッドを出して寝ると、車中泊とは雲泥の差の涼感が得られることを知っているからだ。

筆者が長年愛用してきたのは、GIコットと呼ばれるこのタイプ。

GIとはアメリカ陸軍兵士の俗称で、彼らが使用していたミリタリーアイテムを真似て作られたことから、この仕様のコットはどれもがそう呼ばれている。

ただし難点は組み立て時にチカラが要る。

そのため、最近は広いこのタイプを愛用。

多少組み立てにチカラは要るが、GIコットほどではない。コンパクトに収納できて、リーズナブルな点ではイチオシともいえるだろう。

またバンの床で車中泊をする際も、これを使えば寝心地や底冷えで悩むことはないだろう。

今はさらに軽量化されて、ベストセラーアイテムになっている。

余談になるが…

ちなみに冬は、薪ストーブに火を入れたシェルターの中に広げて、ウトウト昼寝を貪ることもある。これがまた心地いい(笑)。
夏の車中泊の暑さ対策は8つある。
具体的で現実的な車中泊の暑さ対策を、クルマ旅のプロが解説しています。

タイトルとURLをコピーしました