ブヨ対策と噛まれたあとの処置方法【車中泊キャンプのプロが解説】2024年3月更新

エクストラクター ポイズンリムーバー車中泊時の暑さ対策

25年以上の車中泊キャンプ経験を持つクルマ旅のプロが、夏のキャンプを悩ませるブヨの対策と、噛まれたあとの処置方法をまとめています。

「正真正銘のプロ」がお届けする、リアル車中泊入門ガイド

この記事では、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、既に1000泊を超える車中泊旅行を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、四半世紀に及ぶ経験を元に、日本各地を車中泊でめぐるための「know-how」を紹介しています。

スポンサード・リンク

 

~ここから本編が始まります。~

北海道に行くなら必需品! ブヨに噛まれた時は、毒を吸い出すほうが早く治る。

ブヨってどんな虫?

予防策

噛まれた後の治療法

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
スポンサード・リンク

ブヨってどんな虫?

筆者は以前に、車中泊専門誌「カーネル」の中の「Q&Aコーナー」を担当していたが、そこに寄せられる質問の中で、特に夏に多いのがこの話だった。

確かにアウトドアの経験がない人がブヨの洗礼を受けたら、それはもう大変なことになる(笑)。

関東ではブヨ、関西ではブトとも呼ばれるこの手強い害虫は、春から夏(3月~9月)にかけて朝と夕方に活発に活動する。

渓流の近くや山中、またそこに近いキャンプ場などで多く見られるが、幼虫は水質汚染に弱いため、住宅地などではほとんど見られない。

それで一般には馴染みが薄いわけだが、そのタチの悪さは蚊どころではない。

なにしろ、蚊と違って皮膚を噛み切って吸血するので、薄い靴下やTシャツの上からでもやられることがある

ゆえに、河原や湖畔でTシャツに短パン、サンダル姿で酒を飲み、夕涼みをするのは「自殺行為」に等しい。

しかも厄介なことに、吸血直後はそれほど痒みを感じない。

多くの場合、翌日以降に患部が通常の2~3倍ほどに赤く膨れ上がり、激しい痒みが断続的に1~2週間ほど続く。

予防策

ハッカオイル

予防に関しては、もちろん長袖・長ズボン・靴下・シューズの着用が理想的だが、真夏にそんな格好でいられる場所に、あまりブヨはいないと思う(笑)。

しかし一般的な虫除けスプレーや蚊取り線香では効果が薄く、ハッカ油の水溶液の方が効果は見込める。

使い方は空気中に散布するのではなく、袖口や裾に噴霧するほうがいい。

天然ハッカ油スプレー12ml 天然和種ハッカ100%

天然ハッカ油スプレー12ml 天然和種ハッカ100%

738円(06/14 19:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

アウトドア ボディースプレー

また現在は、こういう専用アイテムも発売されている。

森林香

また蚊取り線香では、この「森林香」がブヨを寄せ付けないと云われている。

富士錦 パワー森林香(赤色) 30巻入り

富士錦 パワー森林香(赤色) 30巻入り

900円(06/14 19:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

次は不幸にも噛まれた後の対処について話そう。

噛まれた後の治療法

エクストラクター ポイズンリムーバー

むしろここからの話が大事だろう。

ブヨは血を吸う際に唾液腺から毒素を注入するため、時間が経つとそれがまわる。

そのため、気づいたらすぐにポイズンリムーバーなどの機器を使って毒を抜いてしまうのが一番いい。上手にできれば2.3日で痒みは収まる。

エクストラクター ポイズンリムーバー AP011

エクストラクター ポイズンリムーバー AP011

2,594円(06/15 11:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

なお、雑誌などでは下の製品が紹介されていることもあるが、ブヨに対しては上の「エクストラクター・ポイズンリムーバー」の方が使いやすい。

ポイズンリムーバー

吸引力もさることながら、ブヨの場合は噛まれて腫れると傷口がわかりにくくなることが多く、こちらにはそういうケースを想定して複数の吸着口がセットされている。

ステロイド系痒み止め

最後に、痒み止めにはステロイド系の薬(ステロイド外用薬)を用意しよう。

虫除けスプレー同様、普通のムヒなどは全く効かないと思っていい。

【指定第2類医薬品】ベトネベートN軟膏AS 10g

【指定第2類医薬品】ベトネベートN軟膏AS 10g

1,245円(06/14 19:35時点)
Amazonの情報を掲載しています
スポンサード・リンク

車中泊の暑さ対策

車中泊の暑さ対策

夏の車中泊に使える8つの暑さ対策【クルマ旅のプロが詳しく解説】 2024年更新
夏の車中泊に使える8つの暑さ対策【クルマ旅のプロが詳しく解説】 2024年更新
具体的で現実的な車中泊の暑さ対策を、クルマ旅のプロが解説します。
ブヨ対策と噛まれたあとの処置方法【車中泊キャンプのプロが解説】2024年3月更新
ブヨ対策と噛まれたあとの処置方法【車中泊キャンプのプロが解説】2024年3月更新
夏のキャンプ・車中泊の大敵ブヨに対する対策をご紹介。
車中泊の暑さ対策に有効なのは、シェルター&キャンプベッド【クルマ旅のプロが解説】
車中泊の暑さ対策に有効なのは、シェルター&キャンプベッド【クルマ旅のプロが解説】
車中泊の暑さ対策に有効な、シェルター&キャンプベッドの紹介です。
キャンプサイトでは網戸も有効。
キャンプサイトでは網戸も有効。
ハイエースのスライドドア網戸を格安で手に入れるアイデアをご紹介。
とっておきのルーフベント(換気扇)の使い道【クルマ旅専門家が解説】
とっておきのルーフベント(換気扇)の使い道【クルマ旅専門家が解説】
夏の冷房機器としても使えるキャンピングカーのルーフベントの紹介です。

ベテラン御用達の車中泊キャンプグッズ

ベテラン御用達の車中泊グッズ

ベテランが愛用する車中泊キャンプグッズの共通点
ベテランが愛用する車中泊キャンプグッズの共通点
このコンテンツのトップページです。
シェラカップは、車中泊キャンプのマストアイテム
シェラカップは、車中泊キャンプのマストアイテム
愛用し続けているシェラカップの魅力とその使い方を詳しく紹介しています。
フォールディング・ロースターは、干物の炙りに最適。
フォールディング・ロースターは、干物の炙りに最適。
ライダーもこよなく愛する、ソロキャンパーの愛用品。
カセットガスBBQグリル イワタニ「炉ばた大将」の車中泊キャンプにおける使い心地は?
カセットガスBBQグリル イワタニ「炉ばた大将」の車中泊キャンプにおける使い心地は?
使用後、すぐに片付けられるカセットガスのBBQグリルをご紹介。
車中泊に適した山善の「スタイルワンアクションテーブル」
車中泊に適した山善の「スタイルワンアクションテーブル」
拡張性と収納性に優れた、車中泊向けのダイニングテーブルをご紹介。
「焚き火テーブル」は、車中泊キャンプに最適なミニテーブル
「焚き火テーブル」は、車中泊キャンプに最適なミニテーブル
組み立てが簡単で、天板上でコンロが使える便利な焚き火テーブルをご紹介。
車中泊キャンプに最適な焚き火アイテムは、スノーピーク焚き火台のMサイズ
車中泊キャンプに最適な焚き火アイテムは、スノーピーク焚き火台のMサイズ
頑丈でコンパクトに収納できるスノーピークの焚き火台をご紹介。
ユニフレームの折りたたみ炭火熾し 「チャコスタ」のお勧め利用法
ユニフレームの折りたたみ炭火熾し 「チャコスタ」のお勧め利用法
愛用している「チャコスタ」のお勧め利用法をご紹介。
トヨトミのレインボーストーブRB-25は、ガラスの外筒を変えるだけで暖かくできる
トヨトミのレインボーストーブRB-25は、ガラスの外筒を変えるだけで暖かくできる
キャンパーに人気のトヨトミ・レインボーストーブRB-25をキャンプで暖かく使う秘策ご紹介。
サイドオーニングの固定にお勧めしたい、スノーピークの「ソリッドステーク」
サイドオーニングの固定にお勧めしたい、スノーピークの「ソリッドステーク」
通称”十手ペグ”と呼ばれる、ペグのベストセラーをご紹介。
車中泊キャンプのお勧めグッズ 一覧
車中泊キャンプのお勧めグッズ 一覧
紹介している、車中泊キャンプのお勧めグッズの一覧です。
普通車で扇風機・電気毛布はもちろん、電子レンジも冷蔵庫も使える、現代の車中泊に最適なポータブル電源は、EcoFlow RIVER 2 Pro!

「車中泊旅行者」のための”るるぶ”

車中泊でクルマ旅北海道から九州まで、日本全国の車中泊による旅行情報を収録。
車中泊でクルマ旅 【クルマ旅専門家・稲垣朝則オフィシャルサイト Since1999】
車中泊旅行歴25年のクルマ旅専門家・稲垣朝則がまとめた、「車中泊クルマ旅」に特化した、2023年9月現在の旅行情報サイトです。
目指しているのは、景勝・グルメ・温泉などの情報に車中泊スポットをリンクした、実践的で役立つ「車中泊旅行者」のための”るるぶ”。子育てから開放され、定年後の人生を意識し始める世代の車中泊旅行者に向けたコンテンツです。

この記事がよく読まれています。

https://kurumatabi.net/page-53/
車中泊のお勧めグッズ&アイデア 一覧
これまで取材してきた、車中泊のお勧めグッズとアイデアの一覧です。
【車中泊のゴミ対策】道の駅で車中泊旅行中に出るゴミを捨てるのはOK!<クルマ旅のプロが解説 2022年12月更新> 
【2022年12月更新】車中泊旅行歴25年のクルマ旅のプロがまとめた、道の駅での旅行ゴミの処分に関する記述です。
RENOGY(レノジー)リチウムイオン・サブバッテリーの取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先
この道25年の現役クルマ旅専門家がまとめた、RENOGY(レノジー)のリチウムイオン・サブバッテリーの、取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先の情報です。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
車中泊旅行歴25年の現役のクルマ旅専門家・稲垣朝則が実践している、車中泊旅行スタイル「Auto-Packer(オートパッカー)」の、”プロモデル”として使われているハイエース・キャンピングカーWizの実使用レポートです。
スポンサード・リンク
タイトルとURLをコピーしました