ナローのハイエースのスライドドアには、ミニバン用のバックドア網戸が転用できる

ハイエースのスライドドア網戸アウトドア
スポンサーリンク
クルマ旅のプロが実践する、ワンランク上の車中泊クルマ旅
このサイトでは、既に車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、20年以上の歳月をかけて培ってきた、オリジナルの車中泊クルマ旅スタイル「Auto-Packer」で、実際に使ってきたグッズとアイデアを紹介しています。

驚くほどのマッチング!

ミニバン用バックドア網戸

もともと筆者がこの製品を買ったのは、フレンディーの時代に何かの雑誌に「夏の車中泊の特集記事」を寄稿するためだったと記憶している。

もっとも… 筆者の場合はリアゲートにキッチン組んでいたので、そこに網戸を取り付けても大した意味はなく(笑)、こういう便利なアイテムがあるという商品紹介のために、たった一度だけ装着した。

それから数年してハイエースに乗り換えたのだが、今度は必要性に駆られてスライドドア用の網戸を購入しようと思ったのだが、それなりに値が張る。

そこで、この網戸のことを思い出した。

早速、駐車場で装着テストをしてみることに。

ハイエースのスライドドア網戸

合わせてみると、少し網戸のほうが幅が広くて長いため、むしろ都合がいいことがわかった。よしよし、これなら使える。

あとはどうやってクルマに取り付けるかだ。

ハイエースのスライドドア網戸

幸いなことに、ハイエースのスライドドアの内側にはゴムのパッキンが貼られており、そこに洗濯バサミでクリップしてみると、モノのみごとにバッチリ留まった(笑)。

ハイエースのスライドドア網戸

こちらは実装例。遠目から見れば、もう純正品にしか見えない(笑)。

漁港や河原では安全のために寝る前には外してしまうが、夫婦でやれば装着・撤収ともに1.分もかからない。年にわずか数回の使用なので、筆者にはこれで十分だ。同じようにミニバンからハイエースに乗り換えた人で、既に類似品をお持ちの方は、ぜひ一度お試しを。

ちなみにハイエース用はこちら。これは安くていいかもしれない。

いうまでもないことだが、防犯のため道の駅で使用するのは控えよう。

ハイエースのスライドドア網戸

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました