車中泊にひとつあると便利な、室内用のミニテーブル(ちゃぶ台)

室内用のミニテーブル(ちゃぶ台) アウトドア
スポンサーリンク
クルマ旅のプロが実践する、ワンランク上の車中泊クルマ旅
このサイトでは、既に車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、20年以上の歳月をかけて培ってきた、オリジナルの車中泊クルマ旅スタイル「Auto-Packer」で、実際に使ってきたグッズとアイデアを紹介しています。

キャンプ用品メーカーの製品がお勧め。

車中泊を単にクルマの中で寝るだけの行為と考えるなら、必要な「車中泊グッズ」というのは本当に限られている。

しかも大半は日常生活品で代用できるといっても過言ではない。

とはいえ、車内という狭くて収納スペースが少ない特殊な環境にジャストフィットするのは、やはりキャンピングギアだ。ミニテーブルもそんな製品のひとつだろう。

アルミ ミニテーブル

たとえば、ミニテーブルはホームセンターに行けば簡単に手に入ると思うが、この製品はそれがさらに2つ折りになる。

脚も内側に収納されるので、外観は全くのスクエアな箱の状態。ゆえに隙間に入れやすくなっている。

とっかかりのようなものがあると、それがひっかかりって怪我をしたり、モノを破損する原因になりやすい。

いっぽうこちらは、2008年にグッドデザイン賞を受賞したスノーピーク社の製品。「ちゃぶ台」とは思えないスタイリッシュなフォルムで、多くのファンを喜ばせているアイテムだ。

ワンアクションちゃぶ台

特に広げる時の脚の動きが絶妙で、その機能を考えた技術者の感性には脱帽せざるを得ない。「こだわり派」にはお勧めの逸品だが、筆者にはこのテーブルを野外で使う勇気はなかった(笑)。

そんなわけで、ミニバン車中泊時代に車内で愛用してきた。使用しているのはSサイズ。ミニバンだとMはちょっと大きすぎるように思う。

ただ、車中泊にここまで高価なちゃぶ台は不要という人が大半だと思う(笑)。であれば、ピンからキリまで揃う楽天市場を一度覗いてみるといい。世の中には、本当にいろんなモノが溢れている。

楽天市場のアウトドア用ちゃぶ台 特集 

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました