スポンサーリンク

車中泊とオートキャンプを使い分ける、自由奔放なクルマ旅とアウトドアの流儀

オートパッカー
Auto-Packer

オートパッカー=「車中泊」+「オートキャンプ」

必要なギアを愛車に積み込み、時には車中泊、時にはオートキャンプで、自由奔放にアウトドアや旅行を楽しむ。

オートパッカーはあらゆる世代の自然を愛する人々にとって、このうえないクルマ旅とアウトドアの流儀である。

たとえば子供が小学生になり、家族で富士山や信州、さらには北海道といった日本を代表するフィールドに出かけてみたい…

あるいは子供が大学を卒業したから、これまで訪ねてみたいと思っていた日本の史跡や原風景が残る里山に足を運んでみたい…

オートパッカーは、そんな人々にフィットする。

積んで・遊んで・食って・寝る… 

それは走行性能に加えて、広い収納スペースと、キッチン、そしてベッド機能を併せ持つクルマならではの、自由奔放なキャンピング・スタイルだ。

サービスエリアで車中泊

キャンピングギアと遊び道具を積んだまま「車中泊」ができれば、金曜日の夜に出発し、途中のサービスエリアか道の駅で熟睡した後、翌朝早くから行動することができる。

つまり、これまで以上に「遠出」をしたり、週末を有効活用することができるようになる。

波止場で車中泊

またテントが張れないアスファルトの上や、雨で雪で泥濘んだフィールドでも、快適な眠りが確保できる。

北海道 屈斜路湖の雲海

さらに北海道のように広大な場所では、テントの設営・撤収に手間取ることなく、早朝から速やかに行動することが可能になる。

出典:フジテレビ

さらにここにきて、それが災害時の「避難」においても功を奏することが分かってきた。

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました