スポンサーリンク

車中泊の旅人の聖地 北海道

「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊ならではの旅」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

テーマは「ディスカバー北海道」

支笏湖

真夏でも湿気の少ない爽やかな気候。

年金で旅するシニア世代が、安心して長期滞在できる無料もしくは低料金のオートキャンプ場。

見る者を圧倒する原野、そして野生のヒグマやシマフクロウが棲む原生林…

紛れもなく、北海道は国内屈指のアウトドアフィールドです。いや、円と日本語が通じる「外国」と呼ぶ方がふさわしいかもしれません。

ディスカバー北海道

シマフコロウ

北海道には「そこにしか咲かない花」「そこにしか生息しない生き物」また「そこでしか見られない景色」さらには「そこでしかできないこと」がたくさんあります。

それらと出会い、その経験を介して自分自身を再発見する。

コンセプトのルーツは、高度経済成長期の陰りが見えた1970年代に、広告代理店の電通が仕掛けた国鉄の乗客拡大キャンペーンにありますが、実際にやってみると楽しいことばかりではありません。

大雪高原沼めぐり

たとえば…
北海道でも「大自然」が残されているのは、クルマでは踏み込むことのできないエリアです。そのためには3キロや5キロ程度の山歩きができないようでは話になりません。

野生のシャチ

たとえば…
本当の知床の素晴らしさに触れたいのなら、この最果ての地がなぜ「世界自然遺産」に認定されたのかを知ろうとする学習意欲が不可欠です。

手作りのイクラのたまり漬け

たとえば…
道産子の食卓に並ぶ、安くて美味しいソウルフードが食べたいのなら、スーパーで手に入る食材を、自ら調理するくらいのマメさがなければ難しい…

このサイトには「上げ膳据え膳の旅」を卒業し、そういうことを厭わなくなったアクティブ・シニアに向けて、「三丁目の夕日世代」の筆者が贈る、「車中泊クルマ旅ならではの北海道の楽しみ方」が綴られています。
三丁目の夕日世代
「団塊の世代」の次に、車中泊を牽引するアクティブ・シニアについての記述です。
タイトルとURLをコピーしました