北海道・道東の車中泊旅行にお勧めしたい道の駅【クルマ旅のプロが解説】 2023年6月更新

道東の道の駅道東の道の駅

車中泊旅行歴25年のクルマ旅専門家が、「車中泊によるクルマ旅の宿」という観点から2023年6月に更新した、北海道・道東の道の駅の個別評価をご紹介。

「正真正銘のプロ」がお届けする、リアル車中泊スポットガイド

車中泊

この記事は車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。

※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。

スポンサード・リンク

「クルマ旅の宿」という観点から見た、北海道・道東の道の駅の個別評価を一挙公開!

この記事は、道東の全車中泊スポットの「道の駅」編

当サイトでは、北海道の道東を車中泊クルマ旅で周遊する際の、「旅の宿」に適した「道の駅」をご紹介しています。

そのため明らかに旅のルートから外れている、あるいは同じエリアに密集している道の駅の中には、未取材あるいは詳細記事のない場合がありますし、旅である以上、周辺の観光スポットとの兼ね合いを重視しており、類似する他のサイトの評価とは大きく異なる場合があります。

確かに、誰もが無料で利用できる「道の駅」は「旅の宿」の最優先候補ですが、必ずしも「道の駅」が一番の「旅の宿」になるとは限りません。

ゆえに以下の本編の記事と、合わせてご覧いただけますことを、あらかじめお勧めしております。

道東の車中泊スポット

スポンサード・リンク

北海道・道東の道の駅

北海道・道東の道の駅
取材実績(2023年6月現在)

北海道・道東の道の駅
カテゴリー別リスト

北海道・道東の道の駅における
車中泊クルマ旅の傾向と対策

スポンサード・リンク

北海道・道東の道の駅 取材実績(2023年6月現在)

出典:フリーペーパー道の駅

※個別の道の駅の詳細情報は、画像ではなく、その下の一覧表からご覧いただけます。

施設名取材記事
道の駅 オーロラタウン93りくべつ
道の駅 ステラ★ほんべつ
道の駅 あしょろ銀河ホール21
道の駅 うりまく
道の駅 しかおい
道の駅 ピア21しほろ
道の駅 かみしほろ
道の駅 しほろ温泉
道の駅 おとふけ
道の駅 ガーデンスパ十勝川
道の駅 なかさつない
道の駅 さらべつ
道の駅 忠類
道の駅 コスモール大樹
道の駅 うらほろ
道の駅 しらぬか恋問
道の駅 阿寒丹頂の里
道の駅 厚岸グルメパーク
道の駅 スワン44ねむろ
道の駅 おだいとう
道の駅 知床・らうす
道の駅 うとろ・シリエトク
道の駅 しゃり
道の駅 はなやか(葉菜野花)小清水
道の駅 流氷街道網走
道の駅 パパスランドさっつる
道の駅 メルヘンの丘めまんべつ
道の駅 ノンキーランド ひがしもこと
道の駅 ぐるっとパノラマ美幌峠
道の駅 摩周温泉
道の駅 あいおい
道の駅 おんねゆ温泉
道の駅 香りの里たきのうえ
道の駅 遠軽 森のオホーツク
道の駅 まるせっぷ
道の駅 サロマ湖
道の駅 愛ランド湧別
道の駅 かみゆうべつ温泉チューリップの湯
道の駅 オホーツク紋別
道の駅 しらたき
道の駅 おこっぺ
道の駅 おうむ
道の駅 にしおこっぺ花夢

道の駅総数43/取材数42/詳細記事数31

「道の駅 足寄湖」は2022年1月に、道の駅登録が廃止されている。

スポンサード・リンク

北海道・道東の道の駅 カテゴリー別リスト

入浴施設が併設・隣接する道の駅
入浴施設が併設・隣接する道の駅
道東の、温泉・お風呂・コインシャワー等が併設・隣接する道の駅の一覧です。
旅の宿にお勧めしたい道の駅
旅の宿にお勧めしたい道の駅
道東の、旅の宿にお勧めしたい道の駅の一覧です。
旅行ゴミが、24時間捨てられる道の駅
旅行ゴミが、24時間捨てられる道の駅
道東の、可燃物とビン・缶・ペットボトルのゴミが、24時間無料で捨てられる道の駅の一覧です。
旅行ゴミが、営業時間中に捨てられる道の駅
旅行ゴミが、営業時間中に捨てられる道の駅
道東の、可燃物とビン・缶・ペットボトルのゴミが、営業時間中に無料で捨てられる道の駅の一覧です。
有料で旅行ゴミを回収している道の駅
有料で旅行ゴミを回収している道の駅
道東の、有料で可燃物とビン・缶・ペットボトルのゴミを回収している道の駅の一覧です。
可燃ゴミだけが捨てられない道の駅
可燃ゴミだけが捨てられない道の駅
道東の、缶・ビン・ペットボトル用のゴミ箱はあるが、可燃ゴミ用のゴミ箱が置いていない道の駅の一覧です。
ゴミ箱をまったく置いていない道の駅
ゴミ箱をまったく置いていない道の駅
道東の、可燃物とビン・缶・ペットボトルのゴミ箱を、まったく置いていない道の駅の一覧です。
道東の道の駅 一覧
道東の道の駅 一覧
これまで取材してきた道東の道の駅の一覧です。

北海道・道東の道の駅における、車中泊クルマ旅の傾向と対策

北海道の中でも最大の面積を誇る道東エリアでは、帯広の周辺にだけは道の駅が揃っているが、釧路・根室・網走・知床といったメジャーな見どころがあるエリアには、それぞれ1つか2つあるだけで、地図を見ればその疎らさは浮き彫りだ。

知床横断道路

本州なら現地に行ってみて、気に入らなければ他に移動することも可能だが、北海道では20キロがすぐ近くに思えるほど、道の駅と道の駅は離れている。

国設羅臼温泉野営場

そのため”道の駅頼み”で旅をしてきた人も、道東ではキャンプ場や無料の観光駐車場を合わせて考えないと、無駄に燃料を消費するハメになるだろう。

道東まで来ると、ただでさえ移動をセーブしながら走らないと、毎日200キロを走るのが”普通”になる(笑)。

さらに道東には、2023年6月現在で41ヶ所の道の駅があるが、そのうち”可燃物のゴミ箱が置かれていない道の駅”は14ヶ所、さらに驚いたことに、空き缶・ビン・ペットボトルすら捨てられないという、”まったくゴミ箱が置かれていない道の駅”も13ヶ所あり、合わせれば27/41=66%の道の駅で、旅行中に発生するゴミが処分できない。

セイコーマート

詳しいことは以下の記事に記しているが、道の駅で捨てられないゴミは、当然近くのコンビニに捨てられる流れとなり、既に現在は北海道ほどコンビニの店頭からゴミ箱が消えていると云っても過言ではない。

出かける前に知っておきたい! 北海道の車中泊事情”最前線”

バイクキャリア

つまり、どこを観光したいのかと同時に、どこで車内に溜まったゴミを処分するかという事前の”下調べと計画”が、本州とは比較にならないほど大事になる。

本州では外食中心で旅をしてきた人も、ここではすべてをそれで賄うのは難しいかもしれない。

北海道というところは、未だに日曜日にガソリンスタンドが休みというのは”常識”で、商売気があるのは、誰もが知っている有名な観光地だけ。

云い換えれば、あくせく働かなくても、食っていける豊かなところということだ。

札幌には滅多に行かない筆者だが、道内でも「自然一流」と「サービス四流・関係者の意識は五流」には、さすがに頷きたくなる時がある(笑)。

特に初めて都会から行く人は、それを肝に命じて行かないと、間違いなく”北の大地の洗礼”を受けることになるだろう。

スポンサード・リンク

北海道の道の駅
車中泊好適度チェック!

北海道 道の駅トップ10

このトップテンは、筆者が観光地から観光地へと移動する際に、「旅の宿」として利用してきた道の駅の中から選んだもので、視点はグルメや行楽・娯楽性よりも、利便性を含むロケーションと設備に重きを置いている。

決定版 北海道道の駅ガイド2023-24

決定版 北海道道の駅ガイド2023-24

花岡 俊吾
1,870円(06/15 17:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

全国の道の駅 車中泊好適度をクルマ旅のプロがチェック!

道の駅 車中泊好適度チェック

スポンサード・リンク

北海道の車中泊スポットガイド

北海道の車中泊スポット

こちらには道の駅だけでなく、道内のSA/PA・RVパーク・オートキャンプ場・コインパーキング・観光駐車場も含めた、約170ヶ所に及ぶすべての車中泊スポットのオリジナルレポートを収録している。

フェイスブック
インスタグラム

この記事がよく読まれています。

404 NOT FOUND | 車中泊でクルマ旅 オフィシャルサイト
クルマ旅のプロが贈る、北海道から九州までの主な観光地で役立つ「車中泊クルマ旅」情報です。
【車中泊のゴミ対策】道の駅で車中泊旅行中に出るゴミを捨てるのはOK!<クルマ旅のプロが解説 2022年12月更新> 
【2022年12月更新】車中泊旅行歴25年のクルマ旅のプロがまとめた、道の駅での旅行ゴミの処分に関する記述です。
車中泊のお勧めグッズ&アイデア 一覧
これまで取材してきた、車中泊のお勧めグッズとアイデアの一覧です。
RENOGY(レノジー)リチウムイオン・サブバッテリーの取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先
この道25年の現役クルマ旅専門家がまとめた、RENOGY(レノジー)のリチウムイオン・サブバッテリーの、取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先の情報です。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
車中泊旅行歴25年の現役のクルマ旅専門家・稲垣朝則が実践している、車中泊旅行スタイル「Auto-Packer(オートパッカー)」の、”プロモデル”として使われているハイエース・キャンピングカーWizの実使用レポートです。
スポンサード・リンク
タイトルとURLをコピーしました