クルマで旅する知床半島 パーフェクトガイド

「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊ならではの旅」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

陸と海が織りなす「原始の営み」に出会う旅

「知床」の語源はアイヌ語の「シリエトゥク」で、「地の果て」を意味する。

その知床がユネスコの世界自然遺産として正式登録されたのは2005年の7月。世界自然遺産には、ガラパゴス諸島やグレートバリアリーフといった、名だたるところが登録されており、知床が世界的にも高い注目を浴びたことがうかがえる。

ここで我々日本人にとって重要なことは、その知床の何が世界自然遺産に登録される高い評価につながったのか… ということだ。

ご承知の通り、知床半島には冬になれば流氷が押し寄せてくる。

カラフトマスの遡上を水中カメラで激写。手の感覚がなくなるほど水は冷たい。

この流氷には豊かなミネラルが含まれており、春になると植物プランクトンが大量に発生し、それが動物プランクトンのエサとなり、動物プランクトンは小魚のエサに、小魚は大きな魚や海鳥達のエサになっている。

また、大きな魚はトドやアザラシ・オオワシ・オジロワシなどのエサとなり、知床半島の近海に壮大な海の食物連鎖が展開される。

食物連鎖は海だけにとどまらない。

サケやマスが産卵のために川を遡上し、森に棲むヒグマやキツネたちの貴重なエサになっている。

そしてその死骸はやがて土に還り、森の草木を育む滋養となっていく…

このように、知床は海の生態系と陸の生態系の相互関係が今なお続く、素晴らしい自然環境を保ち続けている。それが「世界自然遺産」たる所以だ。

早朝はこのようにエゾジカが車道にいる場合があるのでスピードは控えめに。せっかくの自由奔放クルマ旅。
ビジネスライクな観光ガイドや旅行会社の意図に左右されず、まずはその本質に迫る目線から、知床半島を眺めて見たいとは思わないか…

知床半島コンテンツ

タイトルとURLをコピーしました