富良野と美瑛の主役は、「絶景」を生み出す大農場

「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊ならではの旅」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

富良野のベストシーズンは、7月中旬から下旬

どこの観光地にも「旬」の季節はあると思うが、こと富良野においては、ラベンダーが満開を迎える7月中旬から下旬に、ぜひとも足を運んでみて欲しい。

「北の国から」が生まれた町。

富良野はまた、国民的ドラマ「北の国から」の舞台でもある。

「北の国から」とは…

倉本聰の脚本により、1981年にフジテレビ系列で放送された24話の連続ドラマ。富良野を舞台に、主人公の黒板五郎と2人の子どもの成長を、大自然の中で情緒豊かに描きあげた。

半年間の放送のために、1年以上の北海道ロケを敢行し、大作映画並みの時間と予算をかけて制作されたこのドラマは、その後、2002年9月までの約20年間にわたり、単発のスペシャル版が8本制作され、いずれも20~30%台の高視聴率を記録している。
今も生き続ける「北の国から」
ドラマ「北の国から」を、当時の時代背景とともに詳しく紹介しているサイトです。

パッチワークの丘の町。美瑛

同じくして、お隣の美瑛には鮮明なパッチワークの丘が完成する。

知床では手付かずの自然に感動を覚えるが、富良野と美瑛では、逆に人が丹精込めて作り上げた素晴らしい景観に心を打たれる… 「開拓」の時代を乗り越え、ここでは農地が「畑」の次元を超えて、アートの領域に達しているかのようだ。

さて。美瑛の名所は「パッチワークの路」と「パノラマロード」の大きく2つのエリアに分散している。

ややこしいが、「パッチワークの丘」と「パッチワークの路」は別物。「パッチワークの丘」は、美瑛一帯の上のような景色が見える場所の総称で、「パッチワークの畑」とか「美瑛の丘」とも呼ばれている。

つまり、「パッチワークの路」にも「パノラマロード」にも、「パッチワークの丘」は存在する。

パッチワークの路

「パッチワークの路」は、1970年代後半の日本を一世風靡したCMロケ地として広く知られている。

「ケンメリ」の名で親しまれたスカイライン、セブンスターとマイルドセブン、さらには親子の木やパフィーの木などの登場により、ここではいつしか「名のある木や丘」が主役になった。

しかし「パッチワークの路」は、もともと連作防止のため、区画ごとに異なる農産物を植えていることからその名がついた場所だ。

大空と色違いの畑以外には何も見えないデッカイ光景。

しかも、その年にしか見ることのできない配色…

それはまさに旅人にとっての「一期一会」であり、あの前田真三が惚れ込み、後世に伝えたいと感じた「本当の美瑛の姿」だと思う。

この写真は上と同じ「マイルセブンの丘」で撮ったもの。美瑛の生い立ちを知り、立ち位置を変えれば、また「違う物語」が見えてくる。

パノラマロード

国道237号を挟んで、美瑛駅側にある観光ルートがパノラマロードだ。パッチワークの路よりも高台が多いため、きっとそう呼ばれているのだろう。

パノラマロードには、パッチワークの路だけでなくファーム富田のラベンダー畑をも有名にした風景写真家、前田真三の作品を展示する「拓真館」がある。
美瑛の旅は、まずここを見なければ始まらない…
「拓真館」は、「美しい美瑛の光景」を見せてくれる写真館
美瑛にある前田真三の写真館「拓真館」に関する記述です。

またパノラマロードから白樺街道に出て、白金温泉から望岳台のある十勝岳登山口を目指せば、その途中に美しいブルーの水をたたえる青い池と白ひげの滝、そして氷河時代から生き残る希少動物のナキウサギが待っている。

筆者は、人と自然による「大地の造形美」がダブルで楽しめるこのコースが大のお気に入り。何度行っても飽きることはない。

タイトルとURLをコピーしました