富良野と美瑛の車中泊事情と、車中泊スポット17ヶ所の好適度をチェック!【クルマ旅のプロが解説】

旭川・富良野・美瑛・大雪の車中泊スポット
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。
スポンサード・リンク

富良野と美瑛ではキャンプ場を利用するのが、良識ある車中泊旅行者の振る舞い。

美瑛のじゃがいも畑

富良野と美瑛の車中泊事情と、車中泊スポット17ヶ所の好適度【目次】

富良野と美瑛の車中泊事情

美瑛の農場エリアに観光駐車場が多い理由

地主の怒りが景観破壊を誘発

富良野の車中泊スポット

美瑛の車中泊スポット

スポンサード・リンク

富良野と美瑛の車中泊事情

1970年代後半から観光地として注目されてきた富良野と美瑛には、トイレのある無料駐車場が多数存在する。

ゆえに地域性を知らなければ、ここが道内でも指折りの車中泊スポットに恵まれたエリアだと勘違いしてしまう人があるかもしれない。

しかし大人は、それだけの駐車場が「この地に必要」であることに気がつくべきだ。

特に7月は団体ツアーに加えて、札幌・旭川・帯広などの道内からも多くの観光客が集まってくる。

そんな中で、のんびりと朝の9時や10時まで観光駐車場を占拠していて、「褒めてもらえる」わけがない(笑)。

特に公園などの無料駐車場は、道の駅やサービスエリアよりも、はるかに車中泊をしない人々の視線は厳しい。

せっかくの旅を人から後ろ指をさされることなく楽しみたいのなら、マナーうんぬんの前に、良識のある車中泊場所を選ぼう。

ここには、それができる格安のキャンプ場がある。

2022年8月更新

日の出公園オートキャンプ場

ただキャンプがブーム化している現在は、日の出公園オートキャンプ場1ヶ所で、すべての車中泊旅行者を収容するのは現実的に難しい。

そのいっぽうで、若いブロガーやユーチューバーの中には、過去の経緯を調べもせず、安易に無料の駐車場を車中泊スポットとして紹介する人も多い。

そこで実情を踏まえながら、富良野と美瑛にある主だった車中泊スポットを紹介することにした。

「車中泊」という言葉が使われるようになって約20年…

特に北海道には「語り継がれるべきその歴史」があり、それを無視した軽率な振る舞いは、新たな火種を生むことになる。

スポンサード・リンク

美瑛の農場エリアに観光駐車場が多い理由

美瑛 駐車場

パッチワークの畑でお馴染みの、美瑛の農場エリアにある無料駐車場は、1990年頃に「増え続ける観光客の路上駐車を防ぐために作られた施設」だ。

それはこの写真を見れば一目瞭然。

路上駐車されれば、対向できないだけでなく、畑に入れない場合も生じる。

北海道のスケールは、本州の常識では測れない(笑)。

それを回避すべく作った駐車場が、車中泊をするクルマで前夜から埋まってしまっていたら、そりゃ「お前ら、ええかげんにせ~よ」となるのは当然だ。

地主の怒りが景観破壊を誘発

マイルドセブンの丘

車中泊が直接の原因になったわけではないが、観光客のマナーの悪さに堪忍袋の緒が切れ、とうとうそれまでの有名なフォトスポットだった「マイルドセブンの丘のカラマツ」を伐採する地主が現れた。

そこにはインバウンドも深く絡んでいると聞くが、深層部にはそれまでに鬱積していた「積年の我慢」が臨界を迎えたことも否定できまい。

マイルドセブンの丘

いずれにしても、マイルドセブンのCMに使われたこの景観を、もう二度と見ることができないのは残念でしかたがない。

ということを踏まえて、ここからは車中泊の是非を書き加えた、富良野と美瑛の車中泊スポットを紹介していく。

スポンサード・リンク

富良野の車中泊スポット

ファーム富田

上富良野町日の出公園オートキャンプ場
上富良野町日の出公園オートキャンプ場
フィリーサイトと区画電源サイトの両方を併せ持つ、高規格オートキャンプ場です。
ファーム富田に隣接する中富良野町営無料駐車場
とみたメロンハウス前の町営無料駐車場です。
千望峠駐車公園無料駐車場
日の出公園から近い、上富良野の穴場車中泊スポット。 
星に手のとどく丘キャンプ場
富良野で人気のジンギスカンがテイクアウトできる、ひつじの丘のこと。
鳥沼公園 無料駐車場
「北の国から」のロケ地
ハートヒルパーク展望台 無料駐車場
「れいちゃん展望台」とも呼ばれる「北の国から」のロケ地。
道の駅南ふらの
少し遠いが、バイクと車中泊の旅人に優しい、お勧めの車中泊スポット。
かなやま湖畔オートキャンプ場
かなやま湖畔キャンプ場とは別施設になる。

美瑛の車中泊スポット

美瑛

道の駅 びえい「丘のくら」
車中泊旅行者にはいささか期待外れの道の駅。
北西の丘展望台
北西の丘展望公園 無料駐車場 
パッチワークの路で唯一トイレがある休憩所。  
新栄の丘展望公園 無料駐車場
美瑛のパノラマロード沿いにあるトイレ付きの展望公園。
三愛の丘展望公園 無料駐車場
美瑛のパノラマロード沿いにあるトイレ付きの展望公園。
千代田の丘 無料駐車場
美瑛の穴場車中泊スポット。
道の駅 道の駅びえい 白金ビルケ
ビルケの森に隣接する2018年に登録された新設の道の駅。
美瑛自然の村キャンプ場
白金ビルケの近くにある、自然豊かな低料金のキャンプサイト。
吹上温泉保養センター白銀荘前キャンプ場
温泉施設に隣接する低料金のキャンプ場。標高が高くて涼しい。
十勝岳望岳台
2016年に新しく「十勝岳望岳台防災シェルター」が完成。

車中泊で行く富良野と美瑛

車中泊で行く富良野と美瑛

富良野と美瑛の主役は、「絶景」を生み出す大農場
富良野と美瑛の主役は、「絶景」を生み出す大農場
車中泊でめぐる富良野と美瑛の見どころを、クルマ旅のプロがわかりやすくご紹介。
ファーム富田
「ファーム富田」パーフェクトガイド
富良野にある「ファーム富田」の楽しみ方と見どころを、とことん詳しくご紹介。
今も生き続ける「北の国から」
今も生き続ける「北の国から」
ドラマ「北の国から」を、当時の時代背景とともに詳しく紹介しています。
拓真館は、「美しい美瑛」を見せてくれる写真館
美瑛にある、前田真三氏の写真館「拓真館」をご紹介。
パッチワークの路 ベストドライブルート
美瑛にあるパッチワークの路をマイカーで旅する際の、ベストルート&お勧めスポットをご紹介。
美瑛・パノラマロード ベストドライブルート
美瑛にあるパノラマロードをマイカーで旅する際の、ベストルート&お勧めスポットをご紹介。
富良野と美瑛の車中泊事情と、車中泊スポット17ヶ所の好適度
富良野と美瑛の車中泊スポット17件の好適度を、クルマ旅のプロがチェック。
富良野 全記事リスト
富良野 全記事リスト
これまで取材してきた、富良野に関するすべての記事の一覧です。
美瑛 全記事リスト
美瑛 全記事リスト
これまで取材してきた、美瑛に関するすべての記事の一覧です。
フェイスブック
インスタグラム

この記事がよく読まれています。

車中泊クルマ旅は、日本の新しい「旅のカタチ」
自由奔放。行きたいところに、行きたい時に、居たいだけ。そんな車中泊でクルマ旅の紹介です。
【車中泊のゴミ対策】道の駅で車中泊旅行中に出るゴミを捨てるのはOK!<クルマ旅のプロが解説 2022年12月更新> 
【2022年12月更新】車中泊旅行歴25年のクルマ旅のプロがまとめた、道の駅での旅行ゴミの処分に関する記述です。
車中泊のお勧めグッズ&アイデア 一覧
これまで取材してきた、車中泊のお勧めグッズとアイデアの一覧です。
RENOGY(レノジー)リチウムイオン サブバッテリーの取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先
車中泊で使用するサブバッテリーに、リチウムイオン・バッテリーを載せ替え、また新規搭載する際の留意点をご紹介。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
車中泊旅行歴25年の現役のクルマ旅専門家・稲垣朝則が実践している、車中泊旅行スタイル「Auto-Packer(オートパッカー)」の、”プロモデル”として使われているハイエース・キャンピングカーWizの実使用レポートです。
スポンサード・リンク
タイトルとURLをコピーしました