ベスト&ワースト車中泊スポット 北海道

朱鞠内湖キャンプ場
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。
スポンサード・リンク

道の駅・サービスエリア・観光駐車場など、100ヶ所を超える北海道の車中泊スポットを、クルマ旅のプロが細かくチェック!

初山別キャンプ場

このコーナーは『とっておきの車中泊スポット』の北海道版です。

車中泊好適度チェックポイント

1.駐車場の平坦性
2.駐車場のキャパシティー
3.ゴミ箱の有無
4.旅行情報の充実度
5.付帯設備の充実度
6.周辺の車中泊環境
重要視しているのは「居心地」。

森林公園びふかアイランド

筆者はタダでも歓迎されないところで寝るよりは、多少お金を支払っても、気持ちよく受け入れてくれる施設を選びたいと思っている。

当サイトの記事は、100%現地取材に基づき執筆しています。
ただしご承知のとおり、道の駅を含む各施設が、車中泊旅行者を受け入れる姿勢は流動的で、記載内容が実際に訪問された際にも、そのまま当てはまるという保証はできないのが実情です。
万一異なる際は、現地に記されている内容に従って行動してください。
またその内容をこちらのページからご一報いただければ幸いです。
スポンサード・リンク
スポンサード・リンク

北海道のエリア別車中泊スポット 

スポンサード・リンク

北海道の車中泊に不適切なスポット

洞爺湖

「車中泊に不適切なスポット」は、大きく分けると3つある。

いうまでもなく一番目は車中泊禁止の表示がある施設だ。しかしそれは論外なので、ここでは割愛させていただいた。

稚内港北防波堤ドーム

それより重要なのは、地元の住民感情や世論を配慮した結果、車中泊旅行者が自主的に利用するのを控えたほうがいいと思われる施設だと思う。

最後は逆に、車中泊旅行者が明らかに快適感を得られないと思われる施設で、ここにはロケーションや施設の構造といったハード面に原因があるところと、運営方法やルールなどのソフト面に原因があるところが含まれる。
旅行者が明らかに快適感を得られないと思われる車中泊スポット
北海道を取材してきた中で、旅行者が明らかに快適感を得られないと思われる車中泊スポットの一覧です。

とりわけ北海道には、明らかに利用者に対して「非常識」といえるゴミの対応を行っている車中泊スポットが存在する。

ベスト車中泊スポット

タイトルとURLをコピーしました