スポンサーリンク

道の駅 ノンキーランドひがしもこと 車中泊好適度をクルマ旅のプロがチェック!

道の駅
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

2017年にオープンした、藻琴山に最寄りの道の駅

芝桜や雲海で有名な藻琴山へのアクセスが良い、国道334号と道道102号線の交差点付近に、新しい道の駅ができたというので訪ねてきた。

2017年の9月にオープンした「道の駅ノンキーランドひがしもこと」は、『「のん気」と「ノン・キー」(心に鍵(キー)をかけない)でのんびりと。』がコンセプトの、ホテルを併設した複合施設だ。

第一印象は、想像よりもずいぶん小さく、今時の道の駅にしてはかなり簡素。「道路利用者」よりも「ホテル利用者」のための駐車場に見える。

ただ、その理由は分からないでもない。

ここからは筆者の推測だが、女満別空港にほど近い大空町から小清水町、清里町にかけての一帯は、網走市や北見市に比べると観光開発が遅れており、「宿泊施設」の数が圧倒的に少ない。

来れば分かるが、ここは大空町というより、まさに松山千春の名曲「大空と大地の中で」クルマを走らせることになる(笑)。

そんなところに進出してくる民間企業があるとは思えない。さらにその状況下では、さすがに行政も簡単に公共施設を作ることは難しい。そこで、複合施設にすることで採算性を高めることを発案、それに国交省が応じて予算がついた。

つまり町の本音は、「道の駅」より「ホテル」が欲しかったのだと思う。これがインバウンド全盛の今の日本に対応する観光開発の第一歩なのだろう。

だがそんなことより大事なのは、車中泊の旅人にとって、この道の駅は「使いみち」があるかどうかだ。

また5月中旬から6月上旬には、道の駅から約8キロのところにある東藻琴芝桜公園が見頃を迎える。

ただ、スタンプラリーのためにここを訪ねるなら、日中のほうがいいと思う(笑)。特にペット連れやパークゴルフを楽しむ人には、「道の駅パパスランドさっつる」のほうが車中泊にはお勧めだ。
清里の名所「サクラの滝」に一番近い、温泉併設の道の駅パパスランドさっつる
道の駅パパスランドさっつるでの車中泊に関する記述です。

遠路はるばる北海道まで来て、何もここで車中泊をしなくても… それが筆者の偽らざる感想だった。

【車中泊好適度!チェック】
1.駐車場の平坦性=△
2.駐車場のキャパシティー=○
普通車:50台

3.ゴミ箱の有無=☓
4.旅行情報の充実度=○
5.付帯設備の充実度=○
6.周辺の車中泊環境=○

レストランの営業時間=売店 9:00~18:00/レストラン11:00~15:00(オーダーストップ14:00)、17:00~21:00(オーダーストップ20:00)

【最寄りの温泉】
ふれあいセンターフロックス 約1キロ
☎0152-66-2070
おとな440円
11:00~22:00・木曜定休

国道334号をはさんで、セイコマートが眼の前にある

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。

「道の駅ノンキーランドひがしもこと」 オフィシャルサイト 

小清水・清里の記事一覧

タイトルとURLをコピーしました