穴水・七尾・能登島の観光&車中泊情報

七尾湾 観光
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、全国各地からセレクトした「クルマ旅にお勧めしたい100の旅先」の紹介です。
テーマはディスカヴァー・ジャパン 「日本クルマ旅先100選」
クルマ旅専門家・稲垣朝則がセレクトした、国内で車中泊クルマ旅にお勧めの「ベスト100エリア」をご紹介。
スポンサード・リンク

グルメと温泉と自然に恵まれた「七尾湾」は、能登半島のリピーターズ・スポット

七尾湾の中にぽっかりと浮かぶ能登島を、まるで包み込んでいるように見えるこのエリアは、輪島や珠洲がある外浦とは対象的に、湖面のように凪いだ海の恵みを享受し、ベテラン車中泊旅行者からの厚い支持を得ている。

のと里山海道

かつては「陸の孤島」のような場所だったが、金沢から「千里浜なぎさドライブウェイ」のある羽咋(はくい)を通って、輪島や七尾に向かう「能登有料道路」が、2013年に「のと里山海道」に名を変え、無料化されて以降、観光化が加速度的に進んだ。

map

出典:国土交通省

さらに現在は「七尾氷見道路」が全線開通したことで、富山方面からの利便性も向上している。

「七尾氷見道路」は、高規格幹線道路として整備が進められている「能越自動車道(石川県輪島市〜富山県砺波市)」のうち、石川県七尾市〜富山県氷見市間の28.1キロで、高岡インターから七尾インターまで無料で通行できる。

スポンサード・リンク

穴水(あなみず)

ボラ待ちやぐら

Coast table(コーストテーブル)

コーストテーブル 穴水

コースト・テーブルは、この地に移住してきた若い牡蠣漁師が、夫婦で営むこじんまりした食堂で、店の裏が船着き場になっている。

能登牡蠣

写真は、今やこの地方のブランド海鮮となった「能登ガキ」。

穴水の海には豊かな山の滋養が流れ込み、牡蠣は1年で出荷できるサイズにまで成長する。

アヒージョ

コースト・テーブルでは、定番の焼き牡蠣や牡蠣フライのほかに、都会的なオリジナルのスパイスを使ったアヒージョなども食べられる。

コースト・テーブル

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。

七尾

加賀屋

七尾には、江戸時代まで「涌浦」と呼ばれ、加賀藩によって湯治場に整備された和倉温泉がある。

和倉温泉は知らなくても、「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」の総合部門で36年連続1位にランクされている、「加賀屋」を知る人は多いだろう。

和倉温泉総湯

残念ながら「加賀屋」は日帰り入浴を受け付けていないが、旅人は温泉街の中心に建つ、「総湯」と呼ばれるリーズナブルな「共同温泉」に入湯できる。

和倉温泉総湯

2011年にリニューアルオープンした「総湯」の暖簾をくぐると、中はまるで観光案内所のようだ(笑)。

和倉温泉総湯

浴室もモダンで露天風呂まであり、古い温泉地の「共同温泉」の域を超えている。これで入浴料460円、ボディーソープ・シャンプー完備だから驚く。

ちなみに和倉温泉は、源泉を一括管理して各旅館や温泉施設に配湯しているため、どこの施設も泉質はかわらない。

それもあって、総湯は「源泉かけ流し」ではなく、循環ろ過しているようだが、加水はされていない。

お湯に目を向けると、源泉温度は82.4℃でpH値は7.8。
成分総計:19,320mg/kg
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉(弱アルカリ性・高張性・高温泉)
泉質別適応症:切り傷、末梢神経障害、冷え性、皮膚乾燥症

和倉温泉総湯

余談になるが、この写真はリニューアル前の総湯。

当時は入口の前に、高温のお湯を利用して卵が茹でられる場所があったのだが、改装後は撤去されてしまった。これも和倉温泉に立ち寄る楽しみのひとつだっただけに残念だ。

和倉温泉 無料駐車場

なお、無料駐車場は2ヶ所あわせて90台分用意されているが、総湯に近い方は20台入るかどうかで、時間によってはこういう状況になる。

今度はグルメだが、七尾には筆者イチオシの「おいしい道の駅」がある。
道の駅 能登食祭市場 車中泊好適度チェック!
クルマ旅のプロがまとめた、「道の駅 能登食祭市場」の車中泊に関する記述です。
なお、能登島で車中泊をしたい人は、現地にはスーパーマーケットがないので、七尾の町で食材とお酒を買い出しておくといい。

能登島

ツインブリッジのと

2本の橋が架けられ、無料で行き来できるようになって以降、リゾート開発が進む能登島だが、年に数回「上げ膳据え膳」で旅行を楽しむ人達は別として、そういう施設が目も口も肥えた車中泊の旅人の「お眼鏡」に適うとは思えない。

ただ、そんな能登島にも心惹かれる場所がある。

能登島

「そわじ海水浴場」の周辺に野生のミナミバンドウイルカの家族が棲みつき、一時期話題になった。

能登島

確かに2013年当時は、無料の展望所から肉眼でもはっきりその姿を確認することができた。

そわじ イルカポイント

ただし駐車スペースは路肩に3台ほどあるだけ。

それは現在でも変わらないのだが、肝心のイルカの姿がここで見られることは、もうほとんどないという。

能登島

2020年8月現在、ミナミバンドウイルカの家族は12頭まで増え、あいかわらず能登島近辺で暮らしているのだが、イルカウォッチングの主流は漁船によるツアーに替わっている。

悪く云えば、餌付けして抱き込んでいるようなものだが(笑)、一社独占というわけでもなく、地域ぐるみの観光事業として取り組んでいるようだ。

無料で見られた10年ほど前を思えば、いささか世知辛い話だとは思うが(笑)、逆に今度は広い範囲でその姿を見ることができる。

時には穴水でもイルカの姿が見られるようだ。その様子を筆者の友人が自身のウェブサイトに記しているので紹介しておこう。

スポンサード・リンク

穴水・七尾・能登島のベスト車中泊スポット

この3つのエリアには、それぞれに悪くない車中泊スポットが存在するが、珠洲と同じく1日で全て周れる距離にある。

ねやフィッシングパーク太公望

であれば、もっとも寛げる環境を有した能登島の「ねやフィッシングパーク太公望」がベストということになるだろう。筆者の場合、能登島そのものの評価は高くないが、ここだけは「特別」だ。
ねやフィッシングパーク太公望 車中泊好適度チェック!
クルマ旅のプロがまとめた、「ねやフィッシングパーク太公望」の車中泊に関する記述です。

能登半島 車中泊旅行ガイド

車中泊 能登半島

出かける前に知っておきたい、能登半島・車中泊旅行ガイド「ダイジェスト」
出かける前に知っておきたい、能登半島・車中泊旅行ガイド「ダイジェスト」
車中泊のクルマ旅で能登半島を旅する前に知っておきたい、基本の情報をご紹介。
能登半島の車中泊事情&車中泊ベストスポット8選 まとめ
能登半島の車中泊事情&車中泊ベストスポット8選 まとめ
能登半島のベスト車中泊スポットをクルマ旅のプロが厳選。その理由とともに詳細情報をご紹介。
金沢エリアの車中泊旅行ガイド
金沢エリアの車中泊旅行ガイド
兼六園がある金沢の見どころと車中泊スポットの紹介です。
千里浜なぎさドライブウェイ ドライブ&車中泊ガイド
千里浜なぎさドライブウェイ ドライブ&車中泊ガイド
マイカーで走れる千里浜なぎさドライブウェイのドライブ&車中泊ガイドです。
能登金剛エリアの車中泊旅行ガイド
能登金剛エリアの車中泊旅行ガイド
厳門を筆頭にした能登金剛の見どころと車中泊スポットの紹介です。
輪島エリアの車中泊旅行ガイド
輪島エリアの車中泊旅行ガイド
朝市で有名な輪島の観光&車中泊ガイドです。
珠洲エリアの車中泊旅行ガイド
珠洲エリアの車中泊旅行ガイド
揚浜式塩田で有名な能登半島・珠洲の見どころと車中泊スポットの紹介です。
七尾湾エリアの車中泊旅行ガイド
七尾湾エリアの車中泊旅行ガイド
能登半島の七尾湾に面した、穴水・七尾・能登島の見どころと車中泊スポットの紹介です。
氷見エリアの車中泊旅行ガイド
氷見エリアの車中泊旅行ガイド
能登半島の付け根にある富山湾に面した、氷見の見どころと車中泊スポットの紹介です。
能登半島 関連記事一覧
能登半島 関連記事一覧
これまでに取材してきた、能登半島関連のすべての記事がご覧になれます。
タイトルとURLをコピーしました