カムイミンタラ 神々の遊ぶ庭

層雲峡からアクセスする大雪山の黒岳。写真は山頂付近だが、ここは登山に近い体力が必要。

大雪山という名前の単独峰は存在しない。
通念上、大雪山とは北海道中央部にそびえる火山群を指し、具体的には「表大雪」とも呼ばれる「お鉢平」一帯を示すという。

かつて… アイヌの人々は、親しみと畏敬の念をこめ、この地を「カムイミンタラ」と呼んでいたが、行けばその気持ちがよくわかる。

ちなみに大雪山系という表現は、南北63km・東西59kmの広さを誇る、表大雪・北大雪・東大雪・十勝岳連峰を包含した大雪山国立公園全体を意味し、面積は神奈川県にほぼ匹敵する。

登山愛好家にとって、大雪山は「縦走しやすい山」として人気がある。
だが、縦走は公共交通機関を利用する人に適した山歩きで、クルマ旅には不向きだ。そのため、ここでは幾つかの登山ルートとその代表的な景観を紹介しよう。

大雪山は紅葉の名所としても有名で、9月初旬にはチングルマやナナカマドなどが赤く染まる。もちろん日本国内では最も早く、例年9月15日前後に初冠雪も記録されている。

なお、大雪山系のやや南にあるトムラウシ山付近には「神遊びの沼」と言われる場所がある。ここでいう「神」とはアイヌ語でキムンカムイ(山の神)、つまりヒグマを意味しており、知床同様ヒグマが多数生息している。

「たいせつ」か「だいせつ」か?

北海道では大雪山を、「たいせつざん」と発音する人も多い。

それは大雪山の名を初めて記した書物「日本名勝地誌」に、そう振り仮名されていたことに由来するそうだが、一方で、国立公園としての正式名は「だいせつざん」となっており、ダイセツトリカブト、ダイセツタカネフキバッタなど、大雪山固有の動植物の和名にも「ダイセツ」が使われている。どうやら「大雪山」の発音は、どちらが正式とは決まってはいないようで、気に入った方を使えばいいようだ。

大雪山コンテンツ

■層雲峡の見どころと車中泊事情
■黒岳日帰り登山ガイド
■旭岳 姿見の池散策コース
■東大雪 タウシュベツ川橋梁・マイカー・アクセスガイド
■銀泉台の紅葉 シャトルバス・アクセスガイド
■紅葉の大雪高原沼めぐり マイカー・アクセスガイド

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする