リバーフィールドよしの 吉野山に一番近い無料の車中泊スポット 2020年4月更新

リバーフィールド吉野 無料駐車場
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。
スポンサード・リンク

桜の時期は、「リバーフィールドよしの」で車中泊をして、そのまま吉野山までセルフパーク&ライドするのがお勧め

リバーフィールド吉野

この広大な吉野川の河川敷を知っているのは、アウトドア好きの奈良県民と大阪府民、そしてカヌーイストくらいのものだと思う。

吉野山にクルマで何度も足を運んでいる人が気づかないのも無理はない。

「リバーフィールドよしの」は、大淀方面から吉野山に向う人が渡る「吉野大橋」よりも、さらに大台ヶ原方面に進んだところにあるため、目にふれることがない。

リバーフィールド吉野

ただし河原へは、写真の入口からほとんどUターンに近いかたちで降りるため、手前からの徐行が必要だ。

ヨシスト

目印はスーパーの「ヨシスト(吉野ストア)」。

クルマは左から来て、ヨシストを超えたすぐのところにある先ほどの入口から、このスロープを下って河原に出る。坂は写真で見るより急なので、パッキングが悪いと荷崩れする可能性があるので注意しよう。

スポンサード・リンク

「リバーフィールドよしの」にはトイレがない

リバーフィールド吉野

本来であれば、それは車中泊スポットにとって「致命傷」とも云えるのだが、実は「リバーフィールドよしの」には裏技がある。

ヨシスト

さきほど紹介した「ヨシスト」には、店外にトイレがある。

中は洋式で、すこぶるキレイに掃除されている。

店の営業時間は9時から20時までで、夜間は使えるかどうかまで調べてないが、「ヨシスト」から200メートルほどのところにローソンもあるので、いざという時には安心だ。

なお吉野町のホームページによると、BBQなどの利用者が増えたため、現在は期間を決めて「美化協力金(クルマ1台につき1000円)」が必要になっているとのこと。

ちなみに令和2年の有料期間は以下の通り。

4月29日~5月6日(毎日)
5月9日~9月22日(土日祝のみ)
※但し8月は全日実施

なお有料期間は、河原に簡易トイレが設置されるようだ。

最寄りの温泉

下市温泉秋津荘 明水館
約10キロ・クルマで20分
☎0747-52-2619
大人500円
11時~20時(最終受付19時30分)

スポンサード・リンク

「リバーフィールドよしの」から吉野山へのアクセス

吉野の桜

桜の時期の吉野山は、週末に通行規制が実施される。

そのためマイカーは、どのみち麓に用意された郊外駐車場に誘導され、そこからシャトルバスの利用になる(駐車料金は1台1500円・バスは無料)。

問題は指定の駐車場にすんなり入れるかどうかだ。当然満車になれば、空きが出るまで待つしかない。

ゆえにそのリスクを回避するため、最寄りの駅を利用して、自ら電車で吉野駅まで行こうというわけだ。また、食事も同じく待ち時間をなくすために、お弁当を持参するほうが絶対にいい。

大和上市駅

「リバーフィールドよしの」の最寄りの近鉄電車駅は、徒歩約15分のところにある大和上市駅。

大和上市駅から吉野駅までは2駅で運賃は片道180円。所要時間はたったの4分しかかからない。

なお残念なことに、駅前には駐車場はない。

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
タイトルとURLをコピーしました