ニングルテラス ~「北の国から」ロケ地紹介 ~

ニングルとは、倉本聰氏の著書「ニングル」に登場する昔から北海道に住む身長15cmくらいの「森の知恵者」。 西武鉄道の堤氏と親交のある倉本聰氏がプロデュースしたこの施設は、その「ニングルが暮らす村」に見立てた演出となっていて、自然に親しみながらショッピングが楽しめるお洒落な空間である。

そしてここには、「北の国から ’98時代」で、雪子おばさん(竹下景子)が務めていた「森のろうそく屋」が、今も実在している。純はこの店の電話で草太の悲報を聞いた…

また、ニングルテラスの森の奥には、ドラマ「優しい時間」に登場した「森の時計」の喫茶店があり、ミルを使って自分で挽いたコーヒーを飲むことができる。

なお、現在は新富良野プリンスホテルの敷地内に「富良野・ドラマ館」が建ち、ドラマの関連グッズが品揃えされている。

所在地:北海道富良野市中御料 新富良野プリンスホテル隣接
TEL:0167-22-1111(新富良野プリンスホテル)
営業時間: 12:00~20:45
駐車場:あり(無料)

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

↑「北の国から」のススメ に戻る

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする