市街を見下ろすビュースポット 稚内公園

「氷雪の丘公園」とも呼ばれる稚内公園は、稚内市街地に隣接する山の上にある。公園からは稚内市街や稚内港、さらに天気が良ければサハリンをも望むことができる。

稚内公園から眺望する市街地。左の海に向かって伸びる堤防が「北防波堤ドーム」。

稚内公園へはJR稚内駅から北へ車で5~6分だが、公園への進入口は意外にも狭く、信号もないため初めてだとわかりづらい。

しかも駐車場までは急カーブ、急傾斜が連続しておりキャブコンにはけっこう厳しい道になる。そのうえ途中に一方通行区間があるため気が抜けない。まずは上まで登ってしまい、記念塔、氷雪の門という順番で降りてこよう。

氷雪の門は稚内公園内の代表的なモニュメントで、異国となった樺太への望郷の念と、そこでなくなった人々を慰めるため昭和38年に建立された。

こちらは稚内市開基百年記念塔・北方記念館。1978年7月に、宗谷村設置100周年、市制施行30周年を記念して建築された。塔の土台部分である1階と2階には北方記念館になっており、稚内の歴史や自然、日ロ関係の資料が展示されている。エレベーターで地上70mにあがると展望室に到着する。宗谷海峡を見渡せる国内唯一の展望塔で360度の絶景だ。なお営業時間は9:00~17:00(4月下旬~10月まで・冬季は休業)、入場料金は大人400円。

なお、無料で利用できる稚内森林公園キャンプ場は途中まで同じ道を通る。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

礼文島・利尻島の観光&フェリーガイド<概要>

稚内~宗谷岬の観光&車中泊スポット一覧

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする