消滅の危機に瀕する国内最大の砂嘴 野付半島

出典:別海町役場

知床半島と根室半島の中間に位置する野付半島は、根室海峡に突き出た釣針状の砂嘴(さし)。その長さは約28キロにも及び、日本最大を誇っている。野付とはアイヌ語で顎(あご)を意味し、半島の先端が内陸に向けて大きく湾曲しているのが「人の顎」に似ているところから、そう名付けられたという。

ただ近年は砂の流出が激しく、また地球温暖化による海面上昇の影響を受けて、自慢の砂州が年々狭まりつつあるようだ。

ご覧のように道路近辺まで海面が押し寄せてきているため、低気圧・地震・高潮等の気象条件により、立ち入り禁止になることも多い。近いうちに砂州および道路が海水により切断され、半島ではなく島となり、野付半島自体が消失するとの見方もある。行くなら陸続きで行ける早いうちが良さそうだ。

景観・花・そして野生動物と、見どころが満載。

野付半島をドライブするなら7月初旬がお勧めだ。

天気が良ければ、左側には国後の島影が大きく見え、右側の原生花園にはハマナスやエジカンゾウなどの色鮮やかな花が咲く。

こちらは野付半島の「トドワラ」にて。名物「打瀬舟」とのコラボに感激。

ネイチャーセンターまでの道はほぼ直線。しかし、ここではゆっくり周囲を見ながら走ろう。タンチョウや北海道遺産に指定されている打瀬舟の姿を見られることがある。

また野付半島はオジロワシの繁殖地で、電柱やテトラポットに留まっている姿をよく見かける。路肩でカメラを構えている人を見たら要チェック。一度止まってターゲットを確かめてみよう。

休憩スポット ナラワラ

塩害で枯死したミズナラの林がナラワラで、トドワラと並ぶ野付半島の景勝地だ。

トドワラに向う途中にあり、見学用の無料駐車スペースがある。トドワラの枯木群はほとんど倒れており、まるで動物の白骨が散乱しているかのような景観だが、ナラワラはまだ木の形を留めており、立ち枯れした風景写真が撮りたい人には、こちらの方がお勧めだ。

トドワラとセットで楽しめる、野付湾のアザラシウォッチング

尾岱沼(おだいとう)漁港から野付半島の先端にあるトドワラ桟橋までを往復する別海町観光船には、片道約35分の遊覧と、1時間ほどのトドワラ散策が楽しめるお勧めの観光コースがある。しかも夏は航路の周りで、ゴマフアザラシが愛嬌たっぷりの姿を見せてくれる。

特産品は、ビールによく合う北海道の珍味「北海シマエビ」

尾岱沼の漁港はカレイの激釣スポット

別海町観光船が発着する尾岱沼漁港の一画から、投げ釣りでカレイが釣れる。シーズンは6月下旬から7月中旬にかけてで、時合に恵まれれば1時間で2桁の良型が揚がることも。ただし生きたイソメは中標津で買ってこないと地元にはない。

釣った魚を食べるなら、尾岱沼ふれあいキャンプ場へ。

尾岱沼漁港の近くには、低料金で利用できる尾岱沼ふれあいキャンプ場があり、ここなら釣りたてのカレイを調理できる。また残飯も指定のゴミ袋を買えば適正に処分できるので、お勧めだ。

野付半島の記事 一覧

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする