スポンサーリンク

ビールによく合う北海道の夏の珍味といえば、やっぱ「北海しまえび」っしょ!

珍味・銘菓・特産品

北海シマエビは、北海道の夏に旬を迎える海鮮素材で、地元では毛蟹と並ぶ人気を誇る。ただ鮮度が落ちやすく、漁獲されたほぼ全量が浜茹でされるようだ。茹でると縞模様を残したまま、鮮やかな赤色に変わる。

北海道遺産に登録されている野付湾の打瀬舟。

北海シマエビは内湾の海岸部にあるアマモやスガモの藻場に生息しており、特徴的なしま模様はアマモの茂みに紛れる保護色となる。

主たる産地は北海道東部で、特にオホーツク海沿岸の能取湖、サロマ湖、太平洋沿岸の野付湾での生産量が多い。

写真は野付湾で今も行われている動力を用いない打瀬舟による漁法で、その風景は初夏の風物詩として北海道遺産にも認定されている。

値段は500グラムで2500円程度が「浜値」の目安。もちろんその年の収穫量によって変動するが、最近は1000円台というのをほとんど見ない。通販では4000円でも珍しくなくなってきた。

写真はサロマ湖に近い「常呂漁協直売所」で手に入れた北海シマエビ。グラム数は少ないが、地物を半額近い値段で入手できる穴場のお店だ。

また夏はスーパーマーケットでも茹でた北海シマエビを置いていることがあり、時にはロシア産で数百円のパックも見つかる。

北海道では毛蟹でもメロンでも、ツアーでやってくる観光客とは違う購買ルートで探すことが大事。運が良ければ数百円で極上の珍味にありつける。秘訣は地元の人が通う店を訪ねることだ。

↑オホーツク・ライン 詳細ガイドのトップページへ 

オホーツク・ライン 全記事リスト

野付半島 全記事リスト

スポンサードリンク

[ad#ad-1]

タイトルとURLをコピーしました