スポンサーリンク

道の駅 奥熊野古道ほんぐう 車中泊好適度をクルマ旅のプロがチェック!

道の駅
道の駅奥熊野ほんぐう
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
https://kurumatabi.net/2019/05/19/inagaki_book/

車中泊はできるの?できないの?

車中泊の経験値にかかわらず、無料で安心して車中泊ができる場所として、道の駅を望む人は多い思う。

熊野古道マップ

この道の駅は、世界遺産・熊野本宮大社の参拝客と、熊野古道の「小辺路(こへち)」歩きをする人、それに加えて奈良県の十津川温泉、和歌山県の熊野本宮温泉郷を旅する人が集結する人気の車中泊スポットだ。

それは上のマップをみれば一目瞭然。

だがここには、「車中泊の旅人」をためらわせる悩ましい看板が存在する(笑)。

禁止事項

これを見て、この道の駅は「車中泊禁止」と解釈し、そうウェブサイトに記載している人もいるが、筆者はそうは思っていない。だが、「宿泊(仮眠を除く)」という表現が、極めて曖昧であることは確か。本来なら施設管理者は、もっと「分かりやすく明快な表現」に努めるべきだ。

また上とは別に、「禁止している宿泊」の範疇に車中泊は含まれないと筆者が断定する根拠がこの設備だ。

道の駅奥熊野ほんぐう 販売所

この建物は、週末は「野菜の直売所」に変わるが、平日は使われていない。

だが、野宿で旅を続けるバックパッカーやライダーにとって、屋根と壁があってベッド代わりにできるテーブルまで備わったこの場所が、如何にその好適地であるかは、疑うまでもないだろう。つまりここで云う「宿泊」とは、テント泊を含む「野宿」なのでは? と思うわけだ。

ただし、そんなことはいちいち確認しないほうがいい(笑)。

人間社会には「玉虫色の解釈」というものがあり、それぞれが都合のいいように判断することで、物事がスムーズに運ぶことも多い。

道の駅奥熊野ほんぐう

ちなみに、この道の駅のベスト車中泊スペースは、メインの駐車場から一段下がったこの場所だ。

ここなら民家どころか、河原以外のどこにも面していない(笑)。トイレは多少遠いが、気にならない距離のうちだろう。

Aコープ

かつては道の駅の道路向かいに食品スーパーの「Aコープ」があったのだが、2017年12月に訪ねた時は閉鎖していた。

売店

だが、道の駅の中に移転してことがわかり、ほっとした。

ゴミ箱

可燃ゴミも捨てられる。

【車中泊好適度!チェック】
1.駐車場の平坦性=○
2.駐車場のキャパシティー=△
普通車:20台

3.ゴミ箱の有無=○
4.旅行情報の充実度=○
5.付帯設備の充実度=○
6.周辺の車中泊環境=△
■最寄りの温泉
わたらせ温泉 大露天風呂 クルマで約10分
大人700円
6時~22時

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました