スポンサーリンク

屈斜路湖湖畔の車中泊事情と車中泊スポット

まず、筆者は「屈斜路湖周辺」と「屈斜路湖湖畔」の2つの言葉を使い分けている。「周辺」とは「屈斜路湖が見える範囲」を意味し、「湖畔」は原則的に水辺を指しているのだが、ここでは後者の「湖畔」の車中泊事情を説明する。

車中泊の旅人にとって、「屈斜路湖畔」に一番欠けているもの… 

それは、ゆっくり腰を落ち着けられるところだろう。名の知れた温泉地でありながら、適合する居場所がないため、今は観光を終えたら摩周温泉の道の駅まで下ってしまう人が大半だ。

だが、かつては違った。
数年まで川湯園地の駐車場のトイレは24時間開放されており、そこで車中泊をしながら、川湯温泉自慢の「源泉かけ流し」を堪能することができたのだ。

この表示を見ると、敷地内に洗濯物を干したり、トイレで食器を洗う非常識な旅人がいたことが推測されるが、そういう輩はどこにでもいる。

人気の道の駅や観光地の駐車場では、具体的な禁止事項を記した看板を立て、利用規則に違反する人間を警備員に注意させたりすることで抑制し、利用を禁止することなく現在に至っている。

そもそも、こういう問題児は旅人の何%なのだ?

90%を越えるであろう「真面目な旅人」にすれば、もはや我慢の限度は近づきつつある。こういったやり方は温泉街にも旅人にも、けして良い結果をもたらしているようには思えない。人が来なくなれば町は廃る。その責任は町民や無関係の旅人ではなく、当事者とそういう浅はかな結果を導いた人が追うべきだと筆者は思うのだが、どうだろう。

[ad#ad-1]

さて。いうまでもなく、屈斜路湖周辺にもキャンプ場は存在する。だが、いずれも車中泊の旅人の「お眼鏡」に適うところはではない。

ロケーションの良い和琴(わこと)半島には2つのキャンプサイトがあるが、写真の「和琴半島湖畔キャンプ場」は、オートキャンプができないうえに駐車場もない。

そのため、クルマは少し離れたこのトイレがある無料の公共駐車場に停めることになるのだが、車中泊の旅人は「お金を払っても払わなくても同じ」場所で寝ることになる。それでは利用価値がないのと同じで、馬鹿げている。

幸いにも、今のところ車中泊はできるのだが、この駐車場は将来の有力な「車中泊禁止スポット候補」かもしれない(笑)。

和琴温泉無料駐車場の詳細はこちら

もうひとつの和琴野営場は、2014年にリニューアルオープンしたばかりだ。以前は「和琴半島湖畔キャンプ場」と同じく駐車場はなかったが、現在は敷地内に設けられている。ただしオートキャンプサイトはない。

こちらが場内の駐車場。

「固定テントサイト」のK-1、あるいはK-20に入り、そこにシェルターを張って上の駐車場で車中泊をできなくはないと思うが、夫婦なら1泊4000円になる。電源無しでこの価格は、日本人にはちょっと出せない(笑)。しかもすぐ向かいは、さきほど紹介した無料駐車場である。

加えて、ここには呼称が幾つもある。現地の表示にさえ「和琴野営場」と「和琴キャンプ場」の2つがあるうえ、ガイドブックには「和琴半島公共キャンプ場」と紹介されている。ネット検索が当たり前の時代には、ちょっと理解できない失態だ。

まさに「お話にならない」とはこのことだろう。

次は砂湯キャンプ場だが、ここもオートキャンプができない夏の時期は、和琴半島と同じように、目の前にある無料の公共駐車場にクルマを停める。

料金はおとな1泊500円と北海道水準なので良しとしても、ペットの同伴は禁止だ。また、営業期間の6月中旬~9月中旬のうち、いつがオートキャンプ禁止なのかをネットで調べることはできなかった。電話で問い合わせてということなのだろうが、まあそんな面倒くさいことをする人も、必要もないだろう。

なぜなら…

ここにはトイレ付きで、道の向こうが砂湯のビーチという、好ロケーションの公共無料駐車場がある。多少騒々しいものの、現時点ではここが屈斜路湖のベスト車中泊スポットと呼んでも過言ではあるまい。

砂湯の無料駐車場に関する詳しい記事はこちら

なお、川湯温泉にもっとも近い「オートキャンプ屈斜路湖」は、2016年に閉鎖している。つまり、屈斜路湖でキャンピングカーはキャンプ場へと云われても、もはや行き場がない。

ただ何も調べず、安易に「道の駅摩周温泉」に行って満車を食らうよりは、紹介した無料駐車場でひとつ泊まるというくらいのことは、あってもいいと筆者は思う。

屈斜路湖周辺の記事一覧

スポンサードリンク

[ad#ad-1]

タイトルとURLをコピーしました