北海道・車中泊旅デビューガイド【実践編5】/侮れない、地元コンビニ・チェーン「セイコマート」の実力

痒いところに手が届く利便性の高い店

北海道にはローカルのコンビニ・チェーン「セイコーマート」が各地にある。筆者が北海道に通いだした2000年頃は、ATMもほとんど置かれていない「食品店に毛の生えた程度の店」だったが、今では大手のコンビニと遜色のない商品構成に加え、パンやワインなどのオリジナル商品と、少量で購入できる野菜類まで品揃えされた、旅人にとって「欠かすことのできない存在」に成長している。

ホットシェフ

約半数の店舗には、店内の厨房で弁当・おにぎりなどを手作りし、温かいまま販売するコーナー「ホットシェフ」がある。筆者は礼文島でずいぶんこのサービスのお世話になった。物流の脆弱な北海道では本当に重宝する。

どこのコンビニよりも品揃えがいいのはワイン。500円ほどで買えるリーズナブルなものがたくさんある。ただし、ちょっとお味は薄めかな(笑)。

しっとり豆パン

北海道名物の「豆パン」。セイコーマートのパンは総じて美味しい。

しそ焼酎鍛高譚

北海道で作っている紫蘇焼酎のチューハイ缶。まず本州では見かけないので、オフ会などで配るお土産には最適かも。

セイコーマートのリンゴジュース

筆者イチオシのセイコーマートオリジナル商品は、このリンゴジュース。味の濃さは大手の製品と段違いだ。

長旅ではややもすると野菜不足に陥りやすいので、ビタミンB、Cなどが含まれるジュースやサプリメント、あるいはゼリー状の健康補助食品を摂取するといい。また自炊をするなら、日持ちの良いジャガイモやタマネギなどの根菜類を上手に使おう。いずれもセイコーマートで手に入る。

7-6

我家には、ちゃんとメンバーズカードもある。

<Next Contents>

「道民のご馳走」をいただく

北海道・車中泊旅デビューガイド 記事一覧

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする