アザラシが見られる礼文島の観光&車中泊スポット スコトン岬

スコトン岬は礼文島の北端に近いところにある風光明媚な岬で、途中のゴロタ岬を挟んで澄海岬に通じる「西海岸・4時間ハイキングコース」の起点もしくは終点にあたる。そのため観光バスが停まる広い無料駐車場が用意されており、敷地にはトイレと土産店もある。

付近には休憩用のテーブル&ベンチが置いてあり、日中は多くの観光客で賑わうが、猫台・桃台と同じく、夕方になれば、ほとんど人はやってこない。

スコトン岬イチオシの場所は、最先端にあるこの展望台だ。

天気が良ければ、この展望所から遥か遠くの岩礁で、日向ぼっこに興じるゴマフアザラシを見ることができる。

日によっては、浅瀬でアタマと尻尾を出していることも。ただし肉眼ではほとんど観察はできない。この写真は野鳥撮影用の超望遠レンズ(2400ミリ)で撮影しているが、双眼鏡があれば十分見える。

スコトン岬の駐車場は久種湖畔キャンプ場に近いので通常はあまり勧めないのだが、車中泊での久種湖畔キャンプ場は炊事棟とシャワー、そしてゴミの処分以外に魅力がなく、翌朝からハイキングに出るなら、このスコトン岬の無料駐車場で前泊するのも悪くない。夕食用にお弁当を持参していけば、日暮れまでに備え付けのベンチで食べることも可能だ。

ただし、霧雨や強風の日は、久種湖畔キャンプ場のバンガローに泊まろう。ここは夜間にトラブルが起きても、朝まで誰も来ない。

最後に。

礼文島の西海岸には車道は通っておらず、このスコトン岬でクルマを置いて歩くか、逆に澄海岬でそうするかになる。なお澄海岬の駐車場にもトイレはあるが、環境的にはこちらがいい。澄海岬は漁村に隣接しているので、気も使うし船の音が騒々しい。

【正式名称】
スコトン岬
【駐車台数】
30台程度
【最寄の入浴施設】
なし ※香深のうすゆきの湯以外に日帰り湯なし

【車中泊適性度】
1.駐車場の平坦度=ほぼ平坦  
2.ゴミ箱の有無=不明
3.入浴施設までの距離=クルマで約60分 
4.飲食・物販施設の営業時間=不明 
5.コンビニ・スーパーまでの距離= 船泊市街までクルマで約15分 

礼文島・利尻島の観光&フェリーガイド<概要>

礼文島 全記事リスト

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする